2

W杯史上初の珍事、シュート0本で先制点…決勝戦のオウンゴールも初

2018年7月16日 01時00分
 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ決勝が15日に行われ、フランス代表とクロアチア代表が対戦。先制点は今大会12点目となるオウンゴールによって生まれた。

 フランスは18分、ペナルティエリア手前右でFKを得ると、FWアントワーヌ・グリーズマンがゴールへ向かうクロスを供給。ボールは中央の混戦の中でクロアチアFWマリオ・マンジュキッチの頭をかすめてネットを揺らし、オウンゴールでフランスが先制に成功した。

 データ会社『Opta』によると、W杯決勝でのオウンゴールは史上初のこと。さらに、この先制点は両チームがシュートを放つ前に生まれており、これもW杯史上初の珍事だったようだ。

 また、今大会のオウンゴール数はW杯最多12点。これまで過去最多だったのは1998年フランス大会の6点で、今大会は2倍を記録している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「W杯史上初の珍事、シュート0本で先制点…決勝戦のオウンゴールも初」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    真剣に守ろうとしてのオウンゴール。仕方ないけど、マスコミは不甲斐ない自分の人生を忘れたいかの様な叩きよう。

    0
  • 匿名さん 通報

    ポカミスじゃなくて。競り合いの中でかすめて入ったんだから、事故みたいなもので仕方ないだろ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!