トップニュース

強い台風19号、21日過ぎ九州接近か

強い台風19号は18日午後、小笠原諸島の南西海上でほぼ停滞した。19日に非常に強い台風に発達し、21日から22日にかけて九州などに接近、上陸する恐れがある。接近時は暴風や高波、大雨に警戒が必要。その後、23日にかけては朝鮮半島か日本海へ進む見込み。19号は18日午後3時、小笠原諸島・父島の南西約340キロの海上でほとんど停滞した。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は40メートル...全文>>