<公の場での開催を謳いながら公にしない理由>なぜ「我孫子市版事業仕分け」はネット中継ができないのか?

2014年9月3日 20時13分 (2014年9月11日 14時57分 更新)
水野ゆうき[千葉県我孫子市議会議員]

* * *

今、地方議会に注目が集まっている。

都議会のセクハラ野次問題から政務活動費の不正支出に飲酒運転等、政治家の資質やモラルに関わる不祥事が続出していることを背景に、初めて地方議会という組織に関心を持った有権者も少なくないだろう。

しかしながら、日々の通学、通勤、子育てや家事に忙しい有権者は市役所まで足を運んで議会を傍聴してみよう、とまでならないのが現実。地方議員の当事者としては、ぜひとも「生の議会」を見て投票行動に移してもらいたいと願う限りだ。しかしながら、私自身、我孫子から都内の大学に通学し、民間企業に通勤していた身なので、それが難しいことは理解できる。

そこで多くの議会が取り入れ始めているのがインターネットによる中継だ。

我孫子市議会でも早い段階からインターネット中継を行っており、本会議のみならず委員会までも中継している。しかしながら、発言者以外の顔は映らず、周りの声もマイクは拾わない上に、委員会でよく見受けられる進行のための「暫時休憩」中の間のやり取りも配信されない。実はこの休憩中に様々なやり取りがある。だからこそ、直接、生の政治の同じ空間で有権者に読み取ってもらいたいと思うわけだ。

今、我孫子市では事業仕分けを行っている。

「我孫子市版事業仕分け」は年に1度行われ、市民で構成される行政改革推進委員会にて平成20年から公の場で開催しており、誰でも傍聴することができる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。