3

「パパ活」女子に危険な代償 完全買い手市場の厳しい実態

2017年10月6日 17時00分 (2017年10月7日 11時52分 更新)

パパ活に励むA美さん

[拡大写真]

「『30万』が厳しいときは『10万』に挑戦できるし、再チャレンジも可能です。『30万』に4回挑戦してもダメで、『10万』に下げて合格したら“頑張ったで賞”として20万円になるという説明でした」(A美さん)

 ここまで体を張ってきたが、この時点でもらったお金はタクシー代の3000円だけ。さすがにだまされているのでは?と心配になり、パパ活仲間の女子大生に連絡を取った。パパ活女子は情報が命。横のつながりが強いのだ。

「値段は違うけど、同じような『テスト』を持ちかけられて、全然お金をもらえなかった子の話がけっこうあるようなんです」(A美さん)

 いま、パパ活は完全に買い手市場だ。

「おっぱいが大きいとか、美人とか、相手の欲しいものを理解する頭の良さとかがない限り『楽して稼ぎたいからパパが欲しい』って気持ちの普通の子には難しい世界」(パパ活中のOL)

 女性は声をかけられること以上に、自らを売り出していく。卑劣なやり口は、必死にパパを獲得したい女性の弱みにつけこむ悪行にほかならない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    危険も何も最初からソレ狙いだろ。まさか、本当に金だけ恵んで貰えるとかカマトトなガキじゃあるまいにw

    1
  • 匿名さん 通報

    一夫多妻制を支援している訳だな。

    1
  • 匿名さん 通報

    売春って言うと感じ悪いからさ。将来的な結婚を前提に、まずは学生生活の為の学費や生活費を支援して貰って、就職など人生の身の振り方を済ませてから、結婚を考えるための支援・・みたいな?w

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!