0

発情中のメスがヤリたくて脱走 かわいいコアラの激しすぎる性行動

2017年10月7日 17時00分 (2017年10月8日 13時52分 更新)

意外にもお盛んなコアラ

[拡大写真]

 ほのぼのとした雰囲気で人気のコアラだが、性愛が激しすぎるという意外な一面を持っている。

 AFP通信によると、豪州シドニー郊外の飼育施設から雌のコアラが5日、脱走した。施設運営責任者の声として、初めての発情期が始まったことで、パートナーを探すために脱走したそうだ。このコアラは、幸いにも近くの木の上で発見された。

 1984年からコアラ飼育を始めて、現在は2頭の雄と4頭の雌がいる鹿児島市平川動物公園の飼育展示係長・桜井普子さんは「コアラの雌が雄を求めて施設を脱出することは大いにありえます」と話す。

 コアラは1歳半~2歳で性成熟を迎える。雌は月に1回発情が現れ、特に春と秋に強いという。発情の特徴は「雌はウロウロと歩き回ったり、鼻の皮膚が充血してうっすらピンク色になる。上気して見える。餌を食べる量も減る」との特徴がある。

「交尾刺激で排卵が起こるので、妊娠しやすい」(桜井さん)

 雄は雌の匂いで発情が誘発されるそうだ。平川動物公園のコアラは雌雄の住居は分けていて、強い発情がくると一緒にする。「ずっと一緒の部屋だと、新鮮味が薄れてしまう」というのは人間の男女も同じだ。雄も雌も発情すると、低い声で「ズゴゴゴゴゴ」というかわいくない声を出すのは共通している。

 コアラの交尾は木にしがみついた雌の背後から雄が覆いかぶさって行う。その際、雄はかみつきセックスを披露する。

「体勢さえ決まればササッと首筋にかみついて雌が動かないようにして、数秒から1~2分で終わります」(前同)

 ヤレる雄とヤレない雄がいるのも人間と一緒。パパッと上手に交尾できる雄もいれば、興奮しているだけで何もできない雄もいる。シビアな世界に変わりはない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!