6

自民が劣勢選挙区に放った“因縁の刺客”

2017年10月17日 08時00分 (2017年10月17日 12時12分 更新)

三谷氏(左)の応援に熱が入る菅官房長官

[拡大写真]

 衆院選(22日投開票)で優勢に戦いを進める自民党だが、劣勢を強いられている選挙区もある。その一つが神奈川8区で、菅義偉官房長官(68)がメンツをかける重点選挙区となっている。

「顔も名前もまだ浸透していないかもしれないが、弁護士で正義感の強いナイスガイです」と元ビーチバレー日本代表で自民党の朝日健太郎参院議員(42)が聴衆に紹介したのは、自民党公認の三谷英弘氏(41)だ。

 東京5区から落下傘となる三谷氏は2012年の衆院選でみんなの党から当選するも前回の衆院選では無所属で落選し、浪人生活を送っていた。すると内閣府副大臣の福田峰之氏が衆院解散直前の先月末に突如、希望の党への参加を表明し、自民党を離党。空白区となった神奈川8区に白羽の矢を立てられたのが三谷氏だった。

「現職副大臣の離党は前代未聞。福田氏は麻生派で麻生太郎財務相の顔に泥を塗ったが、長く県連会長だった菅氏も同様で、怒り心頭でした。以前から目をつけていた三谷氏をすぐにヘッドハンティングしたが、権謀術数にたけた菅氏らしい人選です」(党関係者)

 同8区の対立候補は、みんなの党や維新、民進党と渡り歩いた江田憲司氏(61)で、三谷氏とは因縁関係があった。みんなの分裂、消滅騒動は、渡辺喜美氏(65)と江田氏の対立が原因で当時、渡辺氏の側近だったのが三谷氏だ。

 いまや散り散りとなったみんな関係者にとっては“代理戦争”ともなるが、江田氏は無類の強さを誇る。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    マジキチカルトと結託した自民が必死wぜひ自民を落として奴らの鼻を叩き潰してもらいたい

    12
  • 匿名さん 通報

    きびしい闘いなので、北朝鮮にミサイル飛ばすように頼んでみたら、三谷も勝てるかもしれないよ。

    5
  • 匿名さん 通報

    キチガイカルトが与党に粘着

    5
  • 匿名さん 通報

    あのちっぽけなみんなの党には、本気で保守の改革を目指した人材が何人もいた。残念ながら私はあなたの選挙区じゃないが、三谷さん、あなたには注目させてもらうよ。

    3
  • 匿名さん 通報

    人気投票じゃない!ふざけるな!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!