37

「薄氷勝利」山尾志桜里氏と不倫疑惑報じた文春記者 会見で修羅場

2017年10月23日 16時40分 (2017年10月23日 20時32分 更新)

山尾氏の左手薬指には指輪がなかった

[拡大写真]

 第48回衆院選は22日に投票、即日開票され、自民党が公示前勢力に迫る289議席を獲得し、国会運営を主導できる絶対安定多数(261)を単独で確保した。注目候補では、不倫疑惑が報じられ民進党を離党した山尾志桜里氏(43)が自民前職との大接戦を制し議席を守った。“みそぎ”を済ませた形の山尾氏は、会見で因縁の週刊誌に再び突っ込まれる修羅場もあった。

 週刊文春で既婚の倉持麟太郎弁護士(34)とのダブル不倫疑惑が報じられた山尾志桜里氏は、わずか834票差で薄氷の勝利をつかんだ。

 同スキャンダルで民進党を離党した山尾氏は無所属で愛知7区から立候補。自民党の鈴木淳司氏(59)とは日付が変わった23日未明までデッドヒートを繰り広げ、NHKで当選確実が出たのは午前0時45分だった。

 関係者によれば、結果が出るまでの間は「自宅で微動だにせず、テレビのチャンネルを回しまくっていた」とのこと。

 黒のパンツスーツ姿で選挙事務所に現れた山尾氏は支援者の「しおりコール」を受け、笑顔。涙はなく「逆転の1票を入れてくださった地元の皆さんのおかげです」と感謝の言葉を並べた。

 一連の不倫疑惑の逆風は「感じなかった」そうで「必要な説明はやってきた。公私のラインは引かせてもらっています。(今回の結果を受け)一定の有権者の信託をいただいたと思っています」と強気に言い放った。

 今後については本紙既報通り、小池百合子東京都知事(65)の希望の党には合流せず「民進党の仲間と中道リベラルの道を歩んで行きたい」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 37

  • 匿名さん 通報

    愛知7区の有権者には心底がっかり。ガソリン架空請求詐欺者が再選なんて悪夢やわ。埼玉2区は素晴らしかった。

    30
  • 匿名さん 通報

    日本の有権者には心底がっかり。日本史上最悪の詐欺師が政権を守ったなんて悪夢やわ。

    21
  • 匿名 通報

    股は緩いが、ツラの皮は厚い ハメリーヌ山尾、また国民の税金で、ガ弁護士とのホテル代、ガソリン代、出してやるんだろが! 文春さん、ドデカイの一発たのんまっせ!山尾にケジメつけたれ!

    20
  • 匿名さん 通報

    こいつに投票した奴は全員不倫してる色きちがい。

    16
  • 匿名さん 通報

     文春は公安から情報をもらっている。

    8
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!