10

苦言連発・小泉進次郎氏いよいよ“打倒・安倍”に打って出るか

2017年11月2日 17時00分 (2017年11月3日 00時32分 更新)

取材に応じた小泉進次郎氏

[拡大写真]

 第195特別国会は1日召集され、安倍晋三首相(63)が衆参両院での首相指名選挙で第98代首相に選出された。首相は全閣僚を再任、自民、公明両党の連立による第4次安倍内閣が発足した。そんな中、自民党の小泉進次郎衆院議員(36)がいよいよ“打倒・安倍”に打って出るのでは?と注目を集めている。

 進次郎氏は1日、国会内で報道陣の取材に応じ、安倍首相が自民党内での議論を行わずに表明した教育の無償化財源を巡り、不快感を示した。

「自民党は何も聞いていない。このままだと自民党は必要ないですよ」

 衆院選では、自民党筆頭副幹事長として、各地で安倍首相以上の人気を集めた進次郎氏。最近では霞が関の官僚たちとの勉強会を開くなど、次期総理・総裁候補として安倍首相が“最も恐れる男”となった。

「(森友学園、加計学園問題を安倍首相は)説明するべき。トップに対するイメージが悪くなるのはよくない。衆院選は、野党がボタンの掛け違いをしなければ、政権を取った可能性がある。議席の数が信頼を物語っているとは思えない」と安倍首相に苦言を呈した。
 進次郎氏と安倍首相は政治家としての地位もキャリアも大きな開きがある。だが、安倍首相は進次郎氏の人気のすごさを意識したと言われている。

 政府関係者は「今回の衆院選で進次郎氏は4回目の当選。進次郎氏の父、小泉純一郎元首相は安倍首相がまだ当選3回で大臣未経験のときに自民党幹事長に大抜てき。その後、官房長官を1年経験した後、総理のイスに座った。進次郎氏は前出のように、解散前の閣僚・党役員人事で筆頭副幹事長に起用された。『安倍首相は、進次郎氏を入閣させると、総裁選に出てくるのではないか?』と警戒したと言われる」と明かした。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 10

  • 匿名さん 通報

    小泉進次郞さんの方が正しい。政党や議会を無視するような安倍政権は早く交代すべきだ。日銀の異次元緩和で歪みが極大化する前にアベノミクスも停止した方が良い。株で儲けてるので個人的にはいいけど。

    5
  • つぶやき 通報

    国会中継見れば”もりかけ”が問題なかったことは明らかだったはず。進次郎さんが苦言を呈する相手は偏った報道を行った方々に対してでは?ご自身も”こども増税”を”こども保険”と称するのは人を欺く行為では?

    4
  • 匿名さん 通報

    安倍総理が不正に認めた加計学園の獣医学部が認められる。お友達には便宜を図る安倍総理。既成事実化させる日本の無責任体制は第二次大戦前から変わらない。

    4
  • 匿名さん 通報

    私身勝手です人の痛みは解りませんと言う人相だと感じるわ

    3
  • 匿名さん 通報

    安倍政権を小池でもやっつけられなかった。進次郎にでもすがりたいのだろう。みなさん、オリンピックまでは我慢してください。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!