0

岩手県セクハラ疑惑町議 謝罪会見でトンデモ釈明

2017年12月7日 17時00分 (2017年12月7日 20時52分 更新)

 岩手県の地方紙「岩手日報」の女性記者が同県岩泉町の伊達勝身町長(74)からわいせつ行為を受けたと告発。6日付の紙面で発表したことで騒動になっている。

 同社によると、伊達氏は10月中旬の早朝、記者が取材目的で宿泊していた岩泉町内のホテルの部屋に押し掛け、何度もドアをノックして乱入。対応した記者に無理やり抱き付いて複数回キスをしたという。記者はショックで休職状態が続いており、刑事告訴も検討している。

 この日、会見を開いた伊達氏は騒動を謝罪。一方で肝心の動機部分は理解不能な言い訳に終始した。

 記者への“抱きつき行為”については認めたものの、わいせつ目的かどうかについては「PTSD(心的外傷後ストレス障害)による幻聴、幻覚があった。(当日朝に)『助けてくれ!』という声が聞こえたので『大丈夫か』と部屋に行って、無事でよかったという気持ちでハグした」と主張。キスについては「記憶にない」と繰り返した。

 伊達氏は町内に甚大な被害をもたらした昨年8月の台風10号の豪雨対応がトラウマとなり、今年10月25日からPTSDを患ったとして、盛岡市内の病院に入院していたという。公務には今月5日に復帰している。

 昨年8月の豪雨被害から1年以上経過しての入院は怪しさ満点。「時系列を見る限り、記者へのセクハラが問題となり、慌てて理由付けのために入院したようにしか見えない」(地元テレビ関係者)という声が上がるのも当然だ。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!