10

紀子さま焦燥! 悠仁さま帝王教育「また先送り」

2017年12月11日 06時00分 (2017年12月12日 16時48分 更新)



駐日大使たちが撮影のために携帯電話を構えるなか、鴨を抱えられたのはダッフルコートをお召しの眞子さま。その腕のなかから、大空に向かって鴨が飛び立っていくかと思われたが……。



ドサッ! 鴨は頭から地面に激突、もがくようにバサバサと羽ばたきながら、ようやく飛び去っていった。



「12月1日の午前中、眞子さまは埼玉鴨場にいらっしゃいました。伝統的な鴨猟と放鳥を披露する『外交団鴨場接待』のためです。鴨をうまく手放せなかった眞子さまは、困惑したように首をかしげていらっしゃいました。懸命で、ほほえましいそのお姿に、大使たちも心を打たれたことでしょう」(皇室ジャーナリスト)



冷たい風が吹くなか、眞子さまがご公務に励まれていたまさにそのころ、宮内庁庁舎内では、実に25年ぶりの皇室会議が開催されていた。会議の結果、天皇陛下は’19年4月30日に譲位され、翌日5月1日に皇太子さまが新天皇に即位されると決まった。



だが、「やっと皇室会議にこぎつけた印象」だと宮内庁関係者は語る。



「これでようやく、譲位や退位にまつわる予算も決められるでしょうし、近いうちに人事にも着手できるでしょう。しかし、改元まではわずか1年5カ月しかありません。けっして十分な時間があるわけではないのです。もしかしたら、こうした状況にもっとも焦燥感を抱いていらしたのは、秋篠宮ご夫妻だったかもしれません」



天皇陛下の譲位後は「皇嗣殿下」となり、皇位継承順位第1位となられる秋篠宮さま。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 10

  • 匿名さん 通報

    紀子さま主導なら立場を勘違いしている。おとなしく学習院に行かないから娘が迷走していることに気付いてほしいものです。

    10
  • 匿名さん 通報

    帝王教育?息子のために無試験で筑波大付属中や渋渋中への入学の道を開くような教育現場を混乱させることを避けるのが帝王では?天皇候補としての特例の忖度を求めるようでは総理でいいでしょう

    9
  • 匿名さん 通報

    帝王以前に、人間教育は大丈夫でしょうか。我が子を受験に受からずに進学校に入れようとしている方が親御さんですからね。

    9
  • 匿名さん 通報

    普通にアホもバカもやらせて、失敗も恥もかかせなさい。でないと、痛みの分からない能面な人間になるよ、、次期の方みたいに。

    5
  • にいん 通報

    すべては雅子さんが元凶やね。 雅子さんさえまともな跡継ぎ産んでればこんな心配いらなかったのに。 母娘揃って精神病んじゃってるんじゃ使い物にならないし。秋篠宮さんが貧乏くじひいちゃったみたいで可哀想。

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!