0

インフルエンザ予防の新説が話題に!

2018年1月23日 08時00分

 インフルエンザがピークを迎え流行が拡大している。一方で、昨年末には深刻なワクチン不足が問題になった。こうした背景から従来のワクチン接種とは異なる意外なインフルエンザ予防法が注目を集めている。

 国立感染研究所の集計によると、1~7日の1週間インフルエンザの患者数は約124万人。前週に比べ20万人余り増加している。昨年12月にはワクチンの供給不足が全国的に問題となり、医師団体が厚生労働省に解消を求める事態となった。

 現在はワクチンの供給は安定しつつあるようだが、接種を受けたい時に受けることができず、実際にインフルエンザを発症してしまった人も多い。こうした背景から、唾液量を増やす「唾液治療」という新しい予防法が注目されている。

 大阪府岸和田市「ナカイデンタルオフィス」の中井大介院長は「唾液治療とは、口内の唾液を増やすことによってインフルエンザや風邪、虫歯などを予防する方法のことです。口の中の粘膜が潤うことによって、ウイルスなどの異物が体内に侵入するのを防ぐことができるのです」と話す。

 近年は食生活などが原因で唾液量が少なくなっている人が多いが、唾液が口内にたっぷり出ることによってインフルエンザをはじめとするあらゆる感染症の予防となるという。同医院では「ビタミンB2、B6の薬を朝昼晩3回服用することによって、唾液量を増やす」治療を実施している。一般家庭でも「顔にある唾液腺をマッサージする」「レモンや梅味のガムをかむ」などの方法で唾液を増やすことができるという。

 中井院長は「インフルエンザのワクチンや治療薬は不足やリスクの問題がありますが、唾液をしっかり出すことで十分予防になります。費用や時間もかかりませんし、受験生の方にもおすすめです」と呼びかけている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「インフルエンザ予防の新説が話題に!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!