0

雅子さまを「会見拒否」に向かわせる“15年前のトラウマ”

2018年4月25日 16時00分 (2018年4月27日 10時48分 更新)



東京都港区の「ホテルオークラ東京」別館に到着された皇太子さまと雅子さまが式典会場に入られると、招待客が万雷の拍手でお迎えした。4月18日、皇太子さまご夫妻は日本とアメリカの交流団体「ジャパン・ソサエティー」の記念式典へご出席に。



「髪をアップにされた雅子さまは、ご表情も明るかったです」(宮内庁関係者)



お代替わりを1年後に控える皇太子さまと雅子さまは、6月9日に銀婚式を迎えられる。今年に入ってから記者クラブ「宮内記者会」は、この日に向けて東宮職に、ある強い要望を出しているという。



「結婚25年を記念して、ご夫妻お揃いでの“銀婚式会見”を開いていただきたいという要望です」(宮内庁関係者)



天皇皇后両陛下も、皇太子ご夫妻時代の'84年、銀婚式をお迎えになり、おそろいで会見に臨まれている。



「雅子さまが最後に会見に出席されたのは、長期ご療養に入られる前の'02年12月。それから実に15年半もの間、会見が開かれていません。宮内記者たちにとって銀婚式は、雅子さまの貴重な肉声を取材・報道できる千載一遇のチャンスなのです」



しかし、前出の宮内庁関係者の表情は暗い。



「現時点で、銀婚式の記者会見を実現するのは、非常に難しい気配です。なぜかというと、雅子さまご本人が、会見出席を断固として拒否されているからだそうです」



適応障害の療養に入られる前は雅子さまも、多くの記者会見に臨まれてきた。



「しかし、それが批判的な報道に繋がったこともあり、雅子さまにとっては“トラウマ”というほどの体験だったようなのです」



そう話すのは、ベテランの社会部記者だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!