0

籠池夫妻が保釈 獄中記巡り出版界で争奪戦開始

2018年5月26日 17時00分

10か月ぶりに外の空気を吸った籠池夫妻はこの笑顔

[拡大写真]

 学校法人「森友学園」を巡る補助金詐取事件で、10か月近く勾留されていた籠池泰典被告(65)と妻・諄子被告(61)が25日、保釈された。会見した籠池被告は「国策勾留だ。妻は全くの冤罪」と訴えた。ブランクを感じさせず、籠池節を全開させた。

 2人を巡って争奪戦となるのが“獄中記”だ。国策捜査といえば、鈴木宗男氏や佐藤優氏、堀江貴文氏らがいずれも拘置所や刑務所内での日々を記した自伝を出版。籠池夫妻は勾留中に自宅を差し押さえられ、競売手続き中。保釈保証金の1500万円の工面にも支援者は苦心したようで、最高裁まで争うこと必至の法廷闘争を考えれば、森友学園騒動の真相や獄中日記を出版しない手はない。

 諄子被告は逮捕前に公開された安倍昭恵夫人とのメールのやりとりで、昭恵氏が名前を出した文芸評論家を「紹介してください 失業するので本をかいて借金かえします(原文ママ)」と執筆意欲を見せていた。

 その諄子被告は逮捕前より10キロ以上やせたとみられ、ネット上では「毒気が抜け、かわいくなった」との声まで。堀江氏が獄中ダイエットを指南し、話題になったように諄子被告にも白羽の矢が立ってもおかしくない。籠池夫妻の夫婦愛もテーマとなりそうだ。

 籠池氏の弁護士は過熱する報道陣に取材規制を呼びかければ、野党は籠池氏の国会再招致プランを提示するなど、安倍首相には頭が痛い“籠池劇場”の第2幕が切られたようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「籠池夫妻が保釈 獄中記巡り出版界で争奪戦開始」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!