0

正恩氏のぷるぷる美肌が女性の話題に 北朝鮮が化粧品で外貨獲得も

2018年6月14日 17時00分

金正恩氏の顔はつやつや、ぷるぷる(ロイター)

[拡大写真]

 12日に行われた歴史的な米朝首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長の美肌ぶりが、一部の女性たちの間で話題になっている。「30代半ば(推定)とは思えないほどのツルツルの美肌!」と驚いているようだ。

 日本の北朝鮮研究者は「水がきれいで、美肌成分が含まれる高麗人参を使った化粧品は、北朝鮮の特産品として有名。正恩氏も愛用しているのではないか」とみている。

 北朝鮮の化粧品には「金剛山」「銀河水」「春の香り」といった複数のブランドがあり、日朝を行き来する在日朝鮮人の男性によると「祖国を訪問する同胞の女性に人気がある。肌になじんで美白になると口コミで評判が広がっている」とも。
 北朝鮮国内では、男性用化粧品も平壌の外貨ショップに並んでいる。メーカーは正恩氏の息がかかった銀河水ブランド。生産工場が正恩氏に上納している可能性は高い。

 この男性によると、ここ1~2年で「美顔膜(パック)」が発売され、ここでも高麗人参エキスやヒアルロン酸を含んだ商品が流通するようになったそうだ。それだけに「身だしなみに気を使う正恩氏が美肌ケアのため、こうした新製品のパックを愛用している可能性もある」(前述の日本人研究者)。

 美肌は、国際社会に向けたステルスマーケティングだという見方も。

「北朝鮮は首脳会談で国際的な制裁が緩和され、貿易が活発になるという読みがある。だが、鉄鉱石といった鉱物の多くは利権を中国に与えており、武器やミサイルといった飛び道具や海産物などの生ものを除くと、高価な輸出産品として通用するのは化粧品ぐらいではないか。“美肌元帥”のメディア露出はステマっぽくも見える」(同)

 確かに、韓国化粧品がアジア地域を席巻した実績があるだけに、北朝鮮が美女軍団とパッケージで世界制覇に乗り出す日は近いかもしれない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「正恩氏のぷるぷる美肌が女性の話題に 北朝鮮が化粧品で外貨獲得も」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!