0

「盗撮ブラックハンター」の実態 女性の交際相手や兄、目撃者演じる劇団型犯罪

2018年7月12日 17時00分

過去に事件も起きた横浜駅のエスカレーター(写真と本文は関係ありません)

[拡大写真]

“盗撮ブラックハンター集団”の驚がく手口とは――。盗撮行為をした男性から、被害女性の交際相手を装って現金100万円を脅し取ったとして、警視庁捜査1課は11日までに、恐喝の疑いで東京都渋谷区の職業不詳小泉真容疑者(24)ら男計5人を逮捕した。男らは盗撮行為をされた女性の交際相手や目撃者などを集団で演じて、金を脅し取る手口を繰り返していたという。捜査1課は同様の被害が約30件あるとみている。盗撮という悪事をネタに恐喝を働くブラックハンターの実態を追跡した。

 捜査1課によると、このグループは複数人が役割を演じる劇団型で、捜査員から「劇団型盗撮ブラックハンター」と呼ばれているという。

 逮捕容疑は4月7日、江東区のJR新木場駅構内で、男性(44)に「俺の彼女を盗撮してんだろ」「警察に突き出す」などと言い、その後、現金100万円を脅し取った疑い。

 小泉容疑者以外の4人は、同様の手口を使った別の事件の恐喝未遂容疑で逮捕、うち3人は起訴され、1人は起訴猶予処分となっている。

 5月にあったこの別件では、渋谷区神宮前の路上で、女性の足などをスマホのカメラで撮影した会社員の男性に「盗撮したでしょ」と声を掛けた。女性の交際相手、兄、目撃者を演じたが、女性とは面識はなく、盗撮にまったく気づいていない女性が立ち去った後に男性を取り囲んだ。

「あなたの免許証の画像をネットに上げたりできる」「示談金は100万円」などと恐喝した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「盗撮ブラックハンター」の実態 女性の交際相手や兄、目撃者演じる劇団型犯罪」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!