1

麻原の遺骨は太平洋に散骨へ アレフの資金源にしない最善の策?

2018年7月12日 17時00分

 オウム真理教で教祖麻原彰晃を名乗った松本智津夫元死刑囚(63=執行時)の遺骨について、元死刑囚の四女(29)側は11日、海にまく意向を示し、国側に支援を求める要請書を出した。

 関係者や四女側によると、松本元死刑囚は6日の執行前、四女に遺体を渡すよう伝え、四女も了承。遺体は9日に火葬された。四女とは別に、三女(35)らも引き取りを求めていることなどから、遺骨は当面、東京拘置所で保管される見通し。

 11日、東京都内で記者会見した四女の代理人滝本太郎弁護士は、四女と相談して、遺骨を粉状にして太平洋にまくと決めたと説明。教団の後継団体「アレフ」の信者らが四女を攻撃したり、遺骨を奪還したりすることが想定されるとして、国が支援するよう求めた。

 滝本弁護士は「遺骨は信者にとって大変重要なものだ。(遺骨のある場所が)聖地とされないよう、太平洋の広い海にまくことが一番よい」と強調した。

 遺骨が遺族を通してアレフなどに渡ると、“遺骨ビジネス”につながる可能性がある。

 公安関係者は「教団は当時、麻原彰晃の入った風呂の残り湯を飲料水として出家した信者らに最高で100万円以上の高値で販売した。派生団体が松本元死刑囚の遺骨や遺品を同じ手法で売りさばけば、教団の資金源になる」と指摘する。

 そのため、脱オウムを宣言している四女の手に渡り、海にまかれるというのは最善の手だろう。関係者は「遺骨が少しでも残れば、派生団体同士での取り合いという戦争になりかねない。それを回避できるであろう今回の形は政治的流れが見て取れます。今後、遺骨を拘置所で保管しているふりをして、派生団体が知らない間に遠洋に散骨を済ませてから、その事実を明かすでしょう」と語る。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「麻原の遺骨は太平洋に散骨へ アレフの資金源にしない最善の策?」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    遺骨の灰を買うようなやつの心配をする必要はない。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!