0

視聴率4冠のご褒美はDVD現物支給!? "赤字"日テレの世知辛さ

2009年1月27日 08時00分 (2009年2月24日 11時50分 更新)

制作費削減のため、みのもんたほか、各番組からは
大物タレントのリストラも始まっている。

[拡大写真]

 今期中間決算で赤字に転落した日本テレビ。にもかかわらず、「社員の厚遇は相変わらずで、変わったことは名刺が片面印刷になったくらい」とも言われるが、「そんなことはない!」と日テレ社員たちは声を荒げる。現場では、すでにシビアな経費削減策が取られているというのだ。


「例えば、視聴率に貢献したスクープなどを取ったスタッフがもらえる賞はこれまで現金で1~5万円だったのに、昨年から支給額が書かれた『紙』になった。この金額分だけ、飲み食いした領収書を持っていくと精算してくれるという仕組みです」(日テレ社員)

 個人への特別賞与も経費として計上して、税金などを軽減しようという魂胆。さらに、これまで週間視聴率四冠王を獲得すると、社員に一律5000円の現金が配られていたそうだが、これも「現物支給」になったという。

「この間は、子会社が扱う『ALWAYS 三丁目の夕日』などのDVDと、映画『K-20 怪人二十面相・伝』のチケット。いりませんよ(笑)」(別の日テレ社員)

 また、新聞や雑誌の購読数も減らされ、外報部に至っては、「ニューズウィーク」など、すべての雑誌の購読が打ち切られたとか。さらに「コピー代を半額以下!? にするウラ技!!」なる通達が配布され、そこには、A4用紙2枚をコピーするなら、2枚同時に1枚のA3用紙にコピーすると42%オフ! などのテクニックが書かれている。ちりも積もれば、だが......役員報酬カットなどをするのが先決という気も。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!