1

福島第一原発事故20km地域の"LOVE & PEACE" 幻のコミューン「獏原人村」の現在

2011年6月27日 08時00分

 通称「獏」こと「獏原人村(ばくげんじんむら)」をご存じだろうか?

 国道399号沿いにある獏林道と呼ばれる山道を4kmほど進んでいくと目の前に現れる「獏」は、共同生活でエコライフを送る場所、つまりコミューン的な伝説の村として一部の人の間で知られている。この村を有名にしているのは、毎年7~8月ごろに開催されてきた「満月祭」。これは、太鼓のリズムに乗って満月をながめることに始まった音楽と仲間のきずなを大事にする、LOVE & PEACEなイベントだ。ウワサは口コミで広まり、今や参加者が毎年1,000人を超える祭となっている。

 ところが、獏がある福島県双葉郡川内村は、一部が福島第一原発から半径20キロ圏内に引っ掛かるため、該当地域の住人たちはすでに避難している。大手マスコミでは報道されることのないこの村の現在がどうなっているのか、現地を取材してきた。

 川内村の避難住民の一時帰宅が始まった5月上旬、「獏」を訪れた。

 県道から脇道に入り、砂利道の続く獏林道を抜けて村にたどり着いた。急斜面にいくつかの建物があり、鶏小屋も見える。畑を開墾し、数百羽の鶏を放し飼いすることで生計を立てる農業共同体は、震災以前と変わることのない姿でそこにあった。車から降りて建物の方へ近づいていくと住居の前に女性の姿が見えた。

「卵を買いに来ました」

 女性に向かって声を掛けると、驚いたような表情を見せた。この女性は獏に暮らすボケさん。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「福島第一原発事故20km地域の"LOVE & PEACE" 幻のコミューン「獏原人村」の現在」のコメント一覧 1

  • みーも 通報

    獏、健在なんですね! マサイさんご夫妻お元気そうで良かった! レポートありがとうございます!!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!