0

ギネス認定、「世界一」ロマンティックなプロポーズとは? 日本人アーティストが実現

2014年12月8日 11時30分 (2014年12月12日 20時57分 更新)

 日本のアーティスト、タカハシ・ヤスシさん、通称「やっさん」の日本縦断プロポーズが、海外で話題になっている。『Daily Mail』は「世界一ロマンチックなプロポーズ」との見出しで報じた。


◆日本横断プロポーズの旅

 タカハシさんは2008年6月、31歳のときに仕事を辞め、北海道から九州まで日本縦断の旅に出る。車、フェリー、自転車などで7000km以上移動し、半年後の2009年1月、ゴールの兵戸渓谷(熊本と大分の県境)にたどりついた。身につけたGPSロガーで記録した軌跡は、日本列島に、“MARRY ME”という文字と矢のささったハートを浮かび上がらせた。


「どうやったら世界で最も大きなプロポーズ・メッセージを書けるのかと思いまして、調べていたらGPSドローイングが一番大きい方法だとわかりました」、とドキュメンタリーの中で語る。結果は大成功。やっさんは「時間の無駄ではなかった。良い思い出になった」と話す(Daily Mail)。


 なお2012年には、世界最大のGPS ドローイングとして、ギネスブックにも登録された(Daily Mail)。


◆「手紙~Letter~」

 旅の目的は2つ、本でしか知らない日本を体験すること、GPSでメッセージを描くことだった。旅行の記録をまとめた7分間の「手紙~Letter」というタイトルの映像作品は、 “Walkumentary Series”という、ウォーキングの魅力を語るプロジェクトで紹介されている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!