0

30代から始める老後の備え。老人ホームの種類と費用

2015年12月29日 12時02分 (2015年12月30日 11時13分 更新)

30代から始める老後の備え。老人ホームの種類と費用(写真=Sodan) (ZUU online)

[拡大写真]

それ以外の公営施設として「特別養護老人ホーム」(特養、介護老人福祉施設とも呼ばれています)があげられます。

軽費老人ホームでは、比較的自立した生活をするのに対し、特別養護老人ホームでは、食事、入浴、排泄の介助などの介護が常時必要であったり、寝たきりなどの重度の要介護者の方々が入居します。

また、日中はレクリエーションなどが充実しており、穏やかに過ごせるよう考えられています。基本的に余生を施設で過ごす方が多く、重度の要介護者にとって「終の棲家」的な場所となります。

◆民営の老人ホーム

現在、民間の運営施設で居室数が一番多い介護施設が「介護付有料老人ホーム」です。

介護付有料老人ホームは、原則として65歳以上の方が入居対象です。掃除や洗濯、食事の管理から入浴、排泄まで、日常生活全般にわたる介護サービスが提供される施設です。また、介護サービスだけではなく、胃ろう、気管支切開、認知症などの各種医療ケアが必要な方でも入居可能な施設もあります。

介護付有料老人ホームの特徴は、受け入れる高齢者の要介護度の幅と提供するサービスの幅が広く、施設によって異なることです。また入居一時金や月額利用料も高額な場合が多いので、ホームを選択する際には、サービスの内容や費用をきちんと確認する必要があります。

■増える「サ高住」特徴は?

同じく民間の施設として最近増えてきているのが、「サービス付き高齢者向け住宅」です。

サービス付き高齢者向け住宅は、60歳以上の高齢者または要介護・要支援認定者およびその同居者が入居できます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!