0

30代から始める老後の備え。老人ホームの種類と費用

2015年12月29日 12時02分 (2015年12月30日 11時13分 更新)

30代から始める老後の備え。老人ホームの種類と費用(写真=Sodan) (ZUU online)

[拡大写真]

(関連コラム:急に訪れる親の介護。今から始める老後の備え)

それに対して、民営の介護付き有料老人ホームは施設により様々な基準ですが、自立の方、要介護1~5の方まで、幅広く入居可能です。

老人ホームの入居費用。相場はどれくらい?

では入居費用の相場はどのようになっているのでしょうか。皆さん、「なんだか高そう・・・」というイメージをお持ちではないでしょうか?

特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、介護施設の種類や、入居者の要介護度・健康状態により入居費用や月額で必要になる費用が異なってきます。その他、食費や医療費等も必要になってきますので、介護保険の制度なども含めて事前にしっかりと確認をしましょう。

◆特別養護老人ホームの費用

特別養護老人ホームでは、一時金などの初期費用は必要ありません。入居後に月額費用として、介護サービス費と生活費(居住費・食費・その他日常生活費)を自己負担することになり、月平均で10万円程度です。(要介護度などに準ずる)

◆介護付き有料老人ホームの費用

続いて介護付き有料老人ホームは初期費用0円の施設もありますが、高いと数千万円です。さらに、月額費用が12万~30万円が相場です。

◆サービス付き高齢者向け住宅の費用

最後に、サービス付き高齢者向け住宅の入居一時金は、施設の場所・設備などにより0円~数百万円が相場のようです。月額費用も、10万~30万円程度と選ぶ施設により大きくことなります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!