1

「春なのに?」27日にかけて関東甲信地方に大雪 気象庁

2017年3月26日 12時41分 (2017年3月30日 00時07分 更新)

関東甲信地方は27日、山間部を中心に大雪になる可能性がある(気象庁の天気予報)

[拡大写真]

 本州付近の上空に真冬並みの寒気が入り込む影響で、関東甲信地方では27日にかけて、山沿いを中心に大雪が降るおそれがあるとして、気象庁が注意を呼びかけている。



 気象庁によると、関東の南の海上を発達する低気圧が北東に進み、本州付近の上空5500メートルには、27日にかけて氷点下30度以下の寒気が流れ込む見込み。



 このため、27日にかけて関東や甲信地方の山間部を中心に大雪が降るおそれがあるが、東京23区では降雪となる可能性は低いという。



 27日朝までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで、関東地方北部山地で30センチ、平地5センチ、南部山地10センチ、甲信地方山地25センチ、平地5センチの見込み。



 気象庁は「予想より気温が低くなると、降雪量が増えて他の地域でも大雪になる可能性がある」として、交通障害や路面の凍結、着雪、なだれに注意するよう呼びかけている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    何年ぶりのとか例年に比べてって文面がどこにもないから言うけど、普通に毎年こんな感じ。もっと経ってから雪降ることもある。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!