11

食べログレビュアー「うどんが主食」が「高評価飲食店」から過剰接待

2017年6月7日 16時00分 (2017年6月9日 00時18分 更新)

 グルメサイト「食べログ」でカリスマレビュアーとして知られる「うどんが主食」氏(以下、うどん氏)が、自らが高評価をつけているレストランのオーナーから過剰接待を受けていることが週刊文春の取材で分かった。



 うどん氏はステーキ店「ウェスタ」(東京・日本橋)に「4.8」の高得点をつけ、〈私はここ以外ではステーキ食べたくありません〉と絶賛しているが、この店のオーナー、小林達彦氏と銀座のクラブで豪遊していたという。


 二人が訪れたクラブのホステスが明かす。


「店でのうどん氏は楽しそうで、自ら持参した『うどんが主食』ステッカーをいろんな女の子の携帯に貼りまくっていました(笑)。会計は当然、小林さんです」


 ウェスタ関係者もこう言う。


「うどん氏はウェスタでも食事代を奢ってもらっています。ロマネ・コンティで知られるDRC社の各ワインをはじめ、シャトー・ラトゥールやオーパス・ワンなど数十万~百万円以上の最高級ワインも奢りです。小林氏からはブルガリの時計もプレゼントされている」


 うどん氏を直撃した。



──銀座で豪遊していますね。


「行ってますけど、それがどうしたんですか?」


──高級クラブで小林氏から接待を受けましたね。


「マジで!? オレ忙しくてさ、改めてでいいですか」


──高級ワインも奢られた。


「ええ……」


 食べログのガイドラインでは、もし接待を受けた場合は「通常利用外口コミ」として投稿しなければならないが、うどん氏のレビューにその表記はない。詳細は6月8日(木)発売の週刊文春が報じる。


(「週刊文春」編集部)


注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 11

  • 匿名さん 通報

    こんな短い記事でも伝わるすさまじい下品さ。レビューなぞどうでもいいがこれを擁護する人間の気が知れない。

    12
  • 匿名さん 通報

    こち亀にこんなネタがあった。雑誌の接待に埋もれる両津勘吉。

    6
  • 匿名さん 通報

    まぁtwitterでは早くも信者が擁護してたけど、猫のうだまもそうだけど名前が大きくなっちゃったら何しても許される世界。コイツものうのうと活動するんでしょ(鼻ホジ)

    4
  • 匿名さん 通報

    図式は安倍自民そのまんま。漫画よりもこっちのが本家だよ、俺はトイレット博士で見たわ。

    3
  • 匿名さん 通報

    食べログページのご当人の言い訳が何とも言えず香ばしい、おだてている店はごく普通のネットで評価の高い店なんだけどどうしてこんなに人気あるんだろ?

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!