1

椎名林檎が「国民全員が組織委員会、全企業が五輪に取り組め」...日本を覆う"五輪のために滅私奉公"の空気

2017年8月2日 14時13分 (2017年8月7日 21時56分 更新)

『UNIVERSAL MUSIC JAPAN』公式サイトアーティストページより

[拡大写真]

 昨年のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック閉会式のフラッグハンドオーバーセレモニーでは企画演出・音楽監督を務めた椎名林檎の発言がいま物議をかもしている。

 7月24日付朝日新聞のインタビューに応じた彼女はこのように発言。これに対し、多くの人が反発の声をあげている。
「正直「お招きしていいんだろうか」と言う方もいらっしゃるし、私もそう思っていました。でも五輪が来ることが決まっちゃったんだったら、もう国内で争っている場合ではありませんし、むしろ足掛かりにして行かねばもったいない。
 だから、いっそ国民全員が組織委員会。そう考えるのが、和を重んじる日本らしいし、今回はなおさら、と私は思っています。取り急ぎは、国内全メディア、全企業が、今の日本のために仲良く取り組んでくださることを切に祈っています。」

 いったい、椎名は何を言っているのだろうか。招致裏金問題、新国立競技場見直し、招致時は7000億円だったのにいつのまにか3兆円にも膨れあがった費用......この間、東京五輪をめぐって発覚したこれらの問題がすっきり解決したとでも思っているのか。しかも、こうした問題の背景には、東京五輪組織委員会の委員長を務める森喜朗元首相による五輪の私物化があったのに、森は安倍首相の後ろ盾をいいことにいまも一切責任をとらず、いまものうのうと、その椅子に座り続けているのだ。

 こんなオリンピックに、なぜ国民全員が協力しなくてはならないのか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    足らぬ足らぬはメダルが足らぬ

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!