8

稲田欠席の閉会中審査がヒドすぎる! 小野寺防衛相も同じ穴のムジナ、陸自報告書を「読んでない」とごまかし

2017年8月10日 22時17分 (2017年8月16日 21時38分 更新)

自由民主党HPより

[拡大写真]

 稲田朋美前防衛相が欠席するという、とんでもないかたちでおこなわれた、きょうの閉会中審査。疑惑の当事者が欠席するなどまったくあり得ないが、稲田氏の欠席について追及された小野寺五典防衛相は、「委員会のなかで議論する内容」と無責任に述べた。無論、疑惑は払拭されるどころかより深まっただけでなく、安倍政権の隠蔽体質が遺憾なく発揮される審議となった。

 たとえば、公表された特別防衛監察の結果では、稲田氏が日報データの保管について了承していたか否かについて、「データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」などという曖昧な表現でお茶を濁していた。しかし、フジテレビがスクープした「手書きメモ」には、陸自でも日報データが保管されていたことを知った稲田氏が「明日なんて答えよう」と語ったことが記されている。稲田氏が日報隠蔽を了承していたことは明白だ。

 だが、このメモに登場する辰己昌良・前統合幕僚監部総括官は「事実関係は監察結果に記述してある通り。これ以上、私の立場から申し上げることは差し控える」と答弁。この後も、辰巳前総括官は何を訊かれてもこの言葉を繰り返すだけだった。

 しかも、小野寺防衛相の口からは、信じがたい発言が飛び出した。それは陸自が独自で調査結果をまとめ、防衛監察本部にも提出された内部報告書についてだ。この陸自の報告書では、稲田氏に対して日報データが保管されていた事実を伝えていたことが記されているといわれている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 8

  • 匿名さん 通報

    小野寺大臣も稲田大臣と変わらなかった。安倍政権そのものが嘘と隠蔽で固まっているから、安倍政権が交代しないと虚偽答弁や事実の隠蔽、国の私物化が止まらない。

    12
  • 匿名さん 通報

    小野寺さんには期待していましたが がっかりです。稲田よりマシなだけ。

    4
  • 匿名さん 通報

    またパヨクのキチガイがわめいている。

    1
  • 匿名さん 通報

    日本語堪能な中国人の記事だな、日本語不自由なネトウヨのつぶやきだな。

    1
  • 匿名さん 通報

    左翼に民主主義はありません。よって無理です。所詮、パヨク。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!