0

ユニクロ×原発 潜入ジャーナリスト対談#3「奥さんに反対されませんでしたか?」

2017年8月18日 07時00分 (2017年8月19日 06時41分 更新)

 ユニクロへの潜入取材に成功した横田増生氏は、現在52歳。福島第一原発で働いた鈴木智彦氏はひとつ下の51歳。ともに家庭をもつ身だ。身を挺する危険な取材に、家族の反対は? そして、次なる潜入ターゲットは?


◆◆◆


■「絶対行ってくれなきゃ困る」

鈴木 横田さんがユニクロに潜入すると聞いて、奥さんはどんな反応でしたか? 潜入するために離婚し、結婚し直して、奥さんの姓にしたわけですよね。


横田 ウチの妻は不思議な人やから、「いいよ」みたいな感じ。「面白いね」と言って、離婚届の用紙を取りに行ってくれました。役所の窓口で「書き間違えるといけないから2枚くれ」と頼んだのに1枚しかくれなかった、と文句を言ってましたよ(笑)。妻の両親も「ああ、そうですか。頑張ってください」みたいな感じで応援してくれました。



鈴木 面白がってくれたわけですね。


横田 やっぱり、妻の承諾がないと難しいです。「何言ってるの、あんた」とか「バカじゃないの?」みたいな感じだとね。鈴木さんは、原発行きを反対されませんでしたか。


鈴木 ウチの奥さんは、「絶対行ってくれなきゃ困る」と言ったんです。なぜかというと、“行く行く詐欺”になりそうだったから。『週刊ポスト』に「鈴木智彦は原発で働きます」というフライングの記事が出てしまって、「これだけ広まった以上、行かないとまずいでしょ」と言われました。「男が廃るでしょ」みたいな話。


横田 すごい。理解があるどころか、お尻を叩く感じ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!