34

自衛隊vs.帝国陸海軍 「普通の軍隊」になるのか――徹底解剖 日本の大組織

2017年8月24日 07時00分 (2017年8月25日 06時41分 更新)

警察優位で創設された「専守防衛」の陸自、旧軍と米軍との関係が深い海自。ルーツを知れば、現代日本の安全保障の実態が見えてくる


◆◆◆


 1954年に創設された自衛隊は今年で62年、前身の警察予備隊(1950年)から数えると66年となる。明治5年(1872年)に創設された帝国陸海軍(旧軍)は敗戦によって73年で終焉(しゅうえん)を迎えた。自衛隊はあと10年ほどで帝国陸海軍の歴史と並ぶことになる。


 旧軍は悲惨な結果となったあの戦争に至るプロセスにおいて重要な責任があり、多くの戦闘においても数多くの犠牲者を出す敗北を重ねた。そのため、その組織論上の問題は「失敗」を研究する題材にもなっている。では自衛隊はどうなのだろうか。人間でいえば還暦を超える歴史を持ちながら、一般の国民が得ている自衛隊に関する情報はそれほど多くはない。そこで、旧軍と比較しながら、自衛隊の歴史、組織文化、そして政治との関係といった点を順にみていくことにしよう。



■「生まれ」と「育ち」

 組織というものは成立と発展のプロセスによって大きな影響を受ける。旧軍もそうであるし、自衛隊も後述のように陸海空で大きく異なる組織文化を持っている背景には、創設・発展の経緯が違っていることがあげられる。まず旧軍から見ていこう。


 ヨーロッパを範とした近代的な軍隊を創設しようという動きは幕末にさかのぼるが、本格的な国軍の創設はやはり明治となり、1871年の御親兵(のちに近衛兵に改称)設置と全国4つの「鎮台」設置、翌年の陸・海軍省創設からと考えた方がよいだろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 34

  • 匿名さん 通報

    全然分かってないな。正しかったのは「記者:浅学菲才(ひさい)・馬鹿丸し」だけだ。ぶら下がり記者のいかにもIQ低そうな馬鹿面をみろよ!有事の際は、あいつらクソマスゴミを最前線に送り赤い国と戦わせよう。

    17
  • 匿名さん 通報

    国内でゲリラ戦(テロ)が生じた際、「治安出動」できるかという議論があった。陸自は「すべし」との意見だったが、警察との縄張り争いでその可能性は否定された。原発が丸腰なのはそのせい。

    15
  • 匿名さん 通報

    「人を撃った」経験があるヤツがかなりいる←いねーよ(笑)。バカか?

    13
  • 匿名さん 通報

    陸海空の文化が違うのは事実。特に空が特異だと思う。しかし市ヶ谷台では案外、仲良くやってますよ。Uの人を除けば、皆、防大で同じ釜の飯を食った仲間ですからね。

    8
  • 匿名さん 通報

    勇ましい人達は自衛隊に加わって日本の防衛のために頑張って欲しい。とりあえず、軍隊として頑張ってみて感想を述べてくれるかな。戦争の何たるかも知らないクズがいきがっているのが一番腹立たしい。

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!