5

軽視される痴漢被害、『痴漢冤罪を恐れる動画』に見る“男性は被害者だ”の構図

2017年10月7日 17時30分 (2017年10月12日 14時44分 更新)

Yahoo!映像トピックスオリジナル動画『痴漢えん罪「怖い」サラリーマンの本音』

[拡大写真]

 2017年の春に頻発した“痴漢を疑われて線路に飛び降り逃走”事案。痴漢をしたかどうかはっきりしない状態であるにもかかわらず“逃げたのは冤罪被害者にならないため”と、無実のものが自分を守るために逃げたのだという意見が多く飛び交い、それに伴って“痴漢冤罪怖い”の空気が蔓延した。

 最近では飛び降り逃走自体が少なくなってきたことからか、こうした声も少なくなってきているが、10月3日、『Yahoo!映像トピックス』に『痴漢えん罪「怖い」サラリーマンの本音』なる動画がアップされた。

 動画の紹介文には、次のようにある。

『痴漢行為を疑われた男性がホームに飛び降り逃走するケースが多発、不運にも死亡するケースも出るなど、昨今あらためて注目を集めている「痴漢」と「痴漢えん罪」。毎日満員電車で通勤している皆さんは、いったいこの話題をどのようにとらえているのでしょうか。夜の東京・新橋で、会社帰りのビジネスマンの皆さんに「えん罪の危険を感じるか」「どのように対策しているか」など、うかがってみました。』

 動画を見ると、「痴漢」について会社帰りのビジネスマンたちがどう捉えているかの要素はなく、インタビューは「痴漢冤罪」にのみフォーカスしている。夜の新橋でサラリーマンたちは、痴漢冤罪の被害者にならないための対策をめいめい語る。

「つり革をできるだけ持って、片手でスマホを持ったりとか 自分の両手は触ってませんよとアピールするしかない」

「友達では一人いましたね 間違われてお尻触ったでしょって言われた人がいたらしく 弁護士を後で呼ぶので 自分は逃げないのでと 電話番号を渡してその場を去ったというのはあったと聞きました」

「自分は何もしていないのでDNA検査してくださいというのを、最近ニュースでやってましたね」

 くどいようだが、この動画の紹介文には、春に頻発した逃走事案について触れ「痴漢」と「痴漢冤罪」について語る、とあるが、実際のインタビューでは「痴漢冤罪」についてしか語られていない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    痴漢をしていないのに「痴漢だ!」と言われたら、その場で相手を「名誉棄損だ!」と訴えればいいのでは?

    1
  • 匿名さん 通報

    断固闘え。賠償金1億円請求せよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    誣告罪で投獄するといい

    0
  • 匿名さん 通報

    痴漢を疑われて(確か1年後)電車内の電話を注意された女性の腹いせだったと分かり冤罪になってもこの女性を名誉棄損で訴えことができないと北村弁護士が言っていた。その法律こそ見直すべきだ。

    0
  • 匿名さん 通報

    痴漢に疑われて、それを晴らそうと事務所(駅員室?)に入ったら罪を認めたことになること自体がおかしいだろう。法律を見直すべきだ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!