0

池上彰氏が分析する「小泉進次郎のスピーチ術」

2017年11月15日 07時00分
■Q 小泉進次郎氏の「スピーチ術」は変化していますか?

 衆院選の最中、テレビから流れる小泉進次郎さんの演説や会見でのちょっとした切り返しがとてもうまくて、聞きほれてしまいました。原稿を書くブレーンでもいるのでしょうか。池上さんが実際に取材をしている中で、小泉さんの「スピーチ術」は変化していると思いますか?(40代・女性・主婦)


■A スピーチの訓練と下調べを欠かしません。

 結論から言えば、原稿を書くブレーンはいません。いまの自民党で、あれだけのスピーチ原稿を書ける能力のある人はおそらくいないでしょう。自分で演説の中身を練っています。


 彼はスピーチの訓練を欠かしません。寄席に足を運び、まくらの振り方や間の取り方を学んでいます。時間を見つけては落語のCDを聞いています。


 彼は選挙の応援演説に行く際、必ずその土地の名産や名物を下調べして、それを演説の中に取り込みます。これは本来政治家の演説なら必ずやっておかなければならないことですが、なかなかできることではありません。今回の選挙中、安倍総理の演説を各地で聞きましたが、そうした準備はほとんどしていませんでした。



 小泉氏の好感度が高いのは、まず自民党批判をして謙虚な姿勢を見せるからです。他の自民党の候補者たちが、自民党を自画自賛するのとは好対照です。これは、「人気者の進次郎を批判するわけにはいかない」という自民党内の空気があることを察しているからできることです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!