0

【外食業界】働きやすい会社ランキング1位はマクドナルド ワタミも10位に

2017年11月15日 07時00分 (2017年11月15日 13時35分 更新)

キャリコネニュースでは、約100万人が登録する国内有数の転職口コミサイト「キャリコネ」のデータから業界別で「働きやすい会社ランキング2017年下半期版」を作成。今回は外食業界から働きやすい会社トップ10を発表する。


対象は2016年10月1日~2017年9月30日の期間に評価が10件以上寄せられた企業。外食業界は消費者の健康志向や人手不足などの対応がカギとなっており、営業時間の見直しなども進んでいる。サービス残業や休日出勤などが常態化しやすいイメージもある業界だが結果はいかに。なお、今回のランキングではコーヒーチェーン店は除いている。


ユーザーは、次の6つの選択項目をそれぞれ5点満点で評価している。



「労働時間の満足度」「仕事のやりがいを感じるか」
「ストレス度の低さ」「休日の満足度」
「給与の満足度」「企業のホワイト度(ブラック企業でないか)」


これら全項目の平均点が、その企業の働きやすさの指標となる。




1位:日本マクドナルド 平均3.07点




2位:サイゼリヤ 平均3.06点




3位:ジョイフル 平均3.00点




4位:日本ケンタッキー・フライド・チキン 平均2.94点




5位:物語コーポレーション 平均2.88点




6位:王将フードサービス 平均2.82点




7位:すかいらーく 平均2.79点




7位:吉野家ホールディングス 平均2.79点




9位:ロッテリア 平均2.77点




10位:ワタミ 平均2.35点


■1位のマクドナルド社員からは「飲食業界の中では低い離職率」という声



1位:日本マクドナルド


鶏肉偽装問題などの影響から続いていた厳しい業績から復活し、2016年度に既存店売上高が2桁増継続した日本マクドナルドが1位となった。項目別にみると"労働時間の満足度""休日の満足度""ホワイト度"で1位を獲得している。「有名なブランドなので、そのブランド力を生かして商品を企画していくやりがいはあった」(マーケティング 20代前半 男性)という声も。



「基本的に申請した有給はもらえるが支店によって異なる。土日休みは可能。社員もプライベートと仕事のメリハリをつけている人が多い」(営業 20代前半 男性)
「働いた分だけしっかりと報酬は貰えます。その点は、他の飲食業界の会社より評価できます。そもそもの給料も他の飲食の企業と比較しても高く設定されているため、飲食業界の中では離職率はあまり高くありません」(調理スタッフ 20代後半 女性)


2位:サイゼリヤ


2位には低価格のイタリアンでお馴染みのレストランチェーン・サイゼリヤが入った。同社の稼働店舗は国内外の合計で1000店。特に"仕事のやりがい"(3.5点)"給与の満足度"(3.3点)が高い。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!