28

札幌“大暴れ弁護士”の正体 タクシー会社には全国から激励

2017年11月15日 09時26分 (2017年11月16日 05時30分 更新)

ススキノで乗車(C)日刊ゲンダイ

[拡大写真]

「あの弁護士は絶対に許しちゃいけない」「示談には応じないでください」「徹底的にやるべきです」

 “事件”がメディアで大きく報じられると、被害に遭った運転手(68)が勤務するタクシー会社には、全国各地から電話やメールでこんな激励の声が多数寄せられたという。

 今月6日夜、タクシーの運転手が乗客に罵詈雑言を浴びせられ、防護板を壊された一件。9日、暴行をはたらいた男が札幌弁護士会所属の弁護士(37)だと分かると、ネット上を中心にますますヒートアップした。

 トラブルのあらましはこうだ。午後11時30分ごろ、札幌市中央区のススキノでタクシーに乗車した弁護士は行き先を告げると、スマートフォンをいじり始めた。ところが数分後、突然「(行き先は)北3東5ですけど、この道でいいんですか?」とキレかけたため、運転手は「すみません。間違えました。北3東7だと思って」と謝罪。すると「東7でも通らないですよ、この道。東7でも通らねぇよ。どうなってるんだ、おい。通るわけねえんだよ。ふざけんな」と激高。

 さらに「おい、なめんなよ、てめえ。ふざけんな、こら。おい、おい」と怒鳴りながら運転席を10回以上蹴り続け、割れた防護板が運転手の頭を直撃した。「やめてください」と恐怖におののく運転手に対し、「おい。止めろ、どういう意味でやったんだ、おまえ。出せ。こんなカスに金ないわ」と捨てゼリフを残して、運賃990円を支払わずに車を降りた。

コメント 28

  • 匿名さん 通報

    なんだ、弁護士会の幹部候補なんだね。傲慢そのもの。

    43
  • 匿名さん 通報

    「 断じてあってはならないことであり、極めて遺憾というほかありません 」- 弁護士会 、主語と形容詞も無い意味不明な広報。報道されていることが極めて遺憾というほかありません ということか?

    20
  • 匿名さん 通報

    月曜から、飲んだくれの弁護士とやら。

    20
  • 匿名さん 通報

    弁護士協会と相撲協会は腐ってます。解体を!

    19
  • 匿名さん 通報

    札幌弁護士会、「 頼れる弁護士さんが、私のそばにいてくれた 」。 足蹴りのうまい頼れる暴力団弁護士さんが、タクシー990円圏内のそばにいてくれた・・・

    16
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!