9

11光年先に発見!地球に似た惑星「生命存在の可能性も」太陽系に接近中

2017年11月16日 14時20分 (2017年11月20日 08時45分 更新)

地球から11光年離れた赤色矮星(上)が照らす地球によく似た惑星「ロス128b」のイメージ画。生命の存在が期待される(M. Kornmesser/ESO)

[拡大写真]

 わずか11光年離れた宇宙に、地球によく似た惑星が見つかった。ヨーロッパ南部天文台(ESO)の研究チームによると、この天体は、赤色矮星「ロス128」の周りを9.9日かけて回っており、太陽系に向かって接近中のため、7万9000年後には地球に最も近い惑星になる見通しだ。



 宇宙で最もありふれた天体の赤色矮星のうち、太陽系に最も近いのは、4.25光年離れた位置にあるプロキシマ・ケンタウリだ。ESOは2016年8月、プロキシマ・ケンタウリを公転する惑星プロキシマ・ケンタウリbを発見。この惑星は、生命誕生が可能な「ハビタブル・ゾーン(生命居住可能領域)」を約11日で公転しており、表面上に水が存在する可能性が示唆されているが、一方で紫外線やX線が強く、生命の存在は難しいと考えられている。



 仏グルノーブル・アルプ大学地球科学研究所のグザビエ・ボンフィル氏が率いる惑星探査チーム「HARPS」は、チリのラ・シヤ天文台にある直径3.6メートルの望遠鏡を使った観測で、おとめ座の方向に11光年離れた赤色矮星ロス128を周回する恒星「ロス128b」を発見した。



 ロス128bは赤色矮星の周りを1周9.9日で回り、その距離は地球と太陽間(1億4960万km)の20分の1より近いにもかかわらず、降り注ぐ紫外線やX線の強さは、地球の1.38倍程度の穏やかな環境だと考えられている。温度は零下60℃~20℃程度と推定されており、表面に水があるかは不明だが、生命の存在を示す痕跡があるかもしれないという。



 赤色矮星ロス128は、現在太陽系に向かって進んでおり、地球に最接近するのは7万9000年後。それでも現在建設中の巨大望遠鏡ELTが完成して、2024年に観測を始めれば、大気中の酸素や気候などを詳しく調べ、生命の存在の可能性が明らかになるだろうとしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 9

  • 匿名さん 通報

    7万年もあれば銀河を股にかける種族になってる(といいなぁ)

    8
  • 匿名さん 通報

    7万年後には人類は滅亡しているよ。残念ー

    8
  • 匿名さん 通報

    7万9000年後の海はプラごみが泳ぎ、山は産業廃棄物にまみれ、川は化学物質で汚染され、軌道上はデブリで覆われてると思う。人類なぞ巨大な下水管で暮らしてるわ

    4
  • 匿名さん 通報

    地球に似た惑星だからって住める訳じゃないんだよね

    4
  • 匿名さん 通報

    人間はすぐ死ぬ生き物。宇宙を語るには至らない。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!