95

エスカレートする「キラキラネーム」の現状

2017年11月18日 19時00分 (2017年11月20日 19時27分 更新)

makaron* / PIXTA(ピクスタ)


子供の名前の決め方に変化が生じている。これまでは書籍などを購入して画数で決めたり、かつては親やそれぞれの祖父母から命名するなどのケースが目立っていたが、最近は姓名判断ができるウェブサイトの情報を見ながら、夫や妻と相談して決めるというケースが多いようだ。


その際、親は「生まれたら○○ちゃんと呼びたい」などの理由で、名前の音や読みを先に決め、あとから漢字をあてる傾向が強い。


ベネッセコーポレーションは毎年、赤ちゃんの人気名前ランキングを発表している。昨年は約1万8000人が対象で、男の子は『蓮(れん)』、女の子は『陽葵(ひまり)』が最も多かった(漢字は同じでも読みは別のものも含む)。


人気の読みでは、男子は8年連続で『はると』がトップを続け、女子は『はな』だった。『はると』の漢字は『陽翔』、『悠人』、『晴斗』、『大翔』、『晴翔』など10種類以上がある。


 



■ 名前の読み方は自由に決めることができるが…


戸籍法で名前は《常用平易な文字を用いなければならない》と定められており、使える漢字として計2999字が指定されている。ただし、漢字の読み方は自由で、『一二三』と書いて『ワルツ』や『ドレミ』と読むなど漢字本来の読みではない当て字も認められている。


例えば『竹内』という姓を入力し、運勢が良い名前が出てくるサイトで調べると、男子では『空太(いくた)』、『彩嵐(あらん)』、『凰翔(おうが)』。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 95

  • 匿名さん 通報

    名付けた親からしたら「キラキラネーム」なんだろうけど、他人から見ればただの「DQNネーム」。それだけのこと。

    179
  • 匿名さん 通報

    どうゆう名前をつけようが勝手だが、一般的に読めないことを理解しておいて欲しい。読みを聞かれても怒るなよ。

    148
  • 匿名さん 通報

    せめて将来子供が名刺を出した時、笑われないようにしてあげてよ。鈴木大王とか山田皇子を見たときはゲッと思った。

    85
  • 匿名さん 通報

    子供は自分の出自や名前を選べない。せめて自分たちの子供が影で笑われないような名前にしたれよバカ親共。

    68
  • 匿名さん 通報

    そう言えば、悪魔ちゃんって、今、どうなってるの?

    41
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!