5

自民党「書籍750万円分」購入発覚!著者と安倍首相の関係は…

2017年12月1日 17時30分 (2017年12月3日 19時27分 更新)

(C)まいじつ


朝日新聞が抗議文書を送った書籍『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(小川榮太郎著・飛鳥新社刊)を、自民党が大量に購入していたことが分かった。11月24日発売の写真週刊誌『フライデー』によると、17日ごろ自民党所属の国会議員のもとに1冊、自民党の各都道府県連支部に100冊ずつ送られてきたという。


支部に送られてきた書面には《ご一読いただき、『森友・加計問題』が安倍総理と無関係であるという真相の普及、安倍総理への疑惑払拭にご尽力賜りたい》と記載されており、この本を“モリ・カケ問題”の疑惑払拭に使えという暗喩がされていたらしい。


この本を自民党本部は5000部ほど購入したらしく1冊1500円の本なので約750万円使って“爆買い”したことになる。


「この本は朝日新聞から抗議を受けている“いわく付き”の本です。安倍晋三首相と自民党は、改めて朝日新聞を刺激したことになりますが、それ以上に気になるのは著者の小川榮太郎氏と安倍首相との関係です」(政治ライター)


 



■ 小川氏の出版記念パーティーに安倍首相が


自民党が小川氏の著書を“爆買い”したのは、これが初めてではない。2012年に発売された小川氏の『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)を安倍首相の資金管理団体である晋和会が、東京都内の複数の書店で総額700万円以上購入していたことが政治資金収支報告書で明らかになっている。

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    やりたい放題の自民党。 自浄作用はどこへ消えた?

    12
  • 匿名さん 通報

    こいつも山口敬之と同じで、暴行事件をもみ消してもらったんじゃないの? お礼奉公、よいしょ本。

    9
  • 匿名さん 通報

    恐ろしい。麻生さんが言ってたよね、「ナチスの手口に学べ」って。「大きな嘘を頻繁に繰り返せば、人々は最後にはその嘘を信じるだろう」

    9
  • 匿名さん 通報

    これって石破さんとこだけ届かなかった本でしょ?陰湿だよねいじめが。総理大臣がこんなんだからいじめが最近特に多いのかもね。どんな人づくりだろうね。戦争行く人作りか。

    8
  • 匿名さん 通報

    自浄作用はどこへ消えた? → 自民党の辞書に「自助作用」などとの文字は無いのです。「記録破棄」「記憶抹消」ぐらいです...

    8
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!