11

五輪マスコット3案、決定までの舞台裏に密着

2017年12月7日 18時36分 (2017年12月7日 20時00分 更新)
 
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックで大会の顔となるマスコット。最終候補3案が7日、発表されました。
 候補「ア」は、エンブレムに使われる市松模様が特徴です。「イ」は、招き猫と神社のキツネ、狛犬がモデルになっています。「ウ」は、日本昔話に出てくるキツネと化けるタヌキです。小学生の投票で「最後の1案」が決まるという初の試み。7日のお披露目までの舞台裏に密着しました。

 「ここが組織委員会の中でも特別な人間しか入れない部屋になっています。ちょっとお待ちください」(東京2020組織委員会 戦略広報課 井戸愛係長)

 発表を3日後に控え、準備に追われる大会組織委員会。この部屋だけは施錠され、特にセキュリティーが厳しいのには理由があります。公募で集まった2000点を超える作品がすべてこの部屋で管理されているからです。万が一、作品の情報が漏れた場合、商標権などを他人に抑えられてしまう可能性があり、選考がすべてやり直しになるため、セキュリティーに神経をとがらせているのです。

 大会マスコットは、全国の小学校、およそ28万あるクラス単位の投票で決まります。このため、ポスター1つとっても子どもの目にどう映るか、言葉や色などに特に気を配ってきました。

 「A・B・C、1・2・3は、やはりどれがすぐれているか想起させやすいので、公平に投票できないので、ア・イ・ウというふうに」(東京2020組織委員会 ブランド開発チーム 田中盛朗係長)

 大会マスコットが一般投票、ましてや子どもたちの投票で選ばれるのは初めてのこと。

コメント 11

  • 匿名さん 通報

    ロックマン ポケモン 妖怪ウォッチ 代理戦争

    6
  • 匿名さん 通報

    アトムとジバニャンとローソンのponta

    4
  • 匿名さん 通報

    マスコット決める会議をわいわいがやがや盛り上がるだけで給料もらえるなんて優雅なお仕事ですこと

    4
  • 匿名さん 通報

    やっぱり、パクリで有名な地域柄が出たデザインですこと 嗤 でも開催中止を暗示する喪章のような五輪エンブレムを選ぶトンキンにはピッタリと思います。

    3
  • 匿名さん 通報

    小学生が決めるってのが微妙。五輪は大人の競技で子供は見るだけで無関係。でも、まぁマスコットくらいは子供が選んでもいいような・・・ん~

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!