12

厚労省幹部女性殺害事件、弟を不起訴処分

2017年12月8日 06時10分 (2017年12月8日 07時30分 更新)
 
 今年8月、東京・港区のマンションで厚生労働省幹部の女性が殺害された事件で、逮捕された女性の弟について、東京地検は7日付けで不起訴処分としました。
 この事件は今年8月、東京・港区のマンションで厚生労働省の関東信越厚生局長、北島智子さん(56)の腹を包丁で刺して殺害したとして、北島さんの弟(53)が逮捕されたものです。

 弟は逮捕直後の警視庁の取り調べに対し「私がやりました」と容疑を認めていたということですが、東京地検は7日付けで弟を不起訴処分としました。

 東京地検は不起訴とした理由を明らかにしておらず、7日付けで東京地裁に医療観察の申し立てをしたということです。(07日19:31)

コメント 12

  • 匿名さん 通報

    2017/12/08 10:42 レイシストのお前が精神異常患者だ、恥知らずのクズが。

    10
  • 匿名さん 通報

    また馬鹿の一つ覚えで韓国人か。この事件と何の関係もないだろ。お前が本当に日本人なら同じ日本人として恥ずかしいからやめろ。

    7
  • 匿名さん 通報

    はぁ?何も不都合なんてないが?何がなんでも相手を落としたいというのは中韓と変わらんだろ。同じことをするのは恥ずかしいということが理解できんか?

    6
  • 匿名さん 通報

    これだけの記事ではさっぱり分からんぞ。中途半端な仕事しか出来ないのか、何かに忖度してるのか、豚BS。

    4
  • 匿名さん 通報

    精神に問題があるということなんだろうけど、殺人で不起訴の理由を言わないというのは何だかなぁ。

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!