0

「僕たちは『情熱大陸っぽい』ものを嫌っている」プロデューサーとナレーターが語った『情熱大陸』20周年 

2017年12月15日 17時00分

 今年、放送開始から20年を迎えた人物ドキュメンタリー番組『情熱大陸』。誰もが一度は存在を耳にしたことがあるであろう長寿番組は、どのように制作されているのだろうか。


 番組の第1回からナレーションを務める窪田等氏と、2010年10月からプロデューサーを務め、数々の賞を受賞してきた福岡元啓氏の対談で明かされたのは、あえてセオリーを破り、「情熱大陸らしさ」を壊そうと奮闘する意外な舞台裏だった。


■放送前日に台本をもらうことがほとんど

 福岡 『情熱大陸』で唯一、1998年4月の初回から現在に至るまで制作に携わって頂いているのが窪田さんですよね。


 窪田 そうですね。もう20年になりますか。番組が始まったばかりの頃から『情熱大陸』は放送前日に台本をもらうことがほとんどで、なかなかそういう仕事はありませんよ。それだけギリギリまで取材をしているんですよね。



 福岡 僕は2010年10月にプロデューサーに就いたので、窪田さんとは7年、一緒にお仕事をさせて頂きました。僕からすると窪田さんは憧れの存在で、ついにあの声の人と一緒に仕事ができるんだと思いましたよ。


 窪田 ありがとうございます。福岡さんはおとなしそうな顔をしているし、淡々としていてやる気が表に見えないタイプなんですよね。あにはからんや、どんどん新しいことをやろうとする人で。最初にビックリしたのは、震災からちょうど半年後の2011年9月11日に放送した「石巻日日新聞」の、番組史上初の生中継。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「僕たちは『情熱大陸っぽい』ものを嫌っている」プロデューサーとナレーターが語った『情熱大陸』20周年 」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!