15

眞子さまが小室圭さんと自由に結婚できない3つの理由

2018年3月9日 07時00分 (2018年3月11日 00時21分 更新)

 2月6日に宮内庁から発表された秋篠宮眞子内親王と小室圭さんの「結婚延期」は、1ヶ月が過ぎた現在もメディアで大きな話題となっている。たとえば、「週刊現代」2018年3月10日号の「『私、絶対に結婚するから!』 一途な眞子さまに秋篠宮夫妻が下した決断」では、これまでの週刊誌報道を受けても小室さんとの結婚に強い意思を示す眞子内親王に対し、両親である秋篠宮夫妻がそれをとどめようとしている姿を紹介している。この記事の真偽自体はここでは置いておくが、問題はこの「結婚延期」がまるで現代版の「ロミオとジュリエット」のように、「自分たちの意思だけでは自由に結婚できない眞子内親王の存在」を前提としている点である。本当に、眞子内親王は自由に結婚できないのだろうか?


■天皇や皇族は「国民」とは見なされない

 実は、日本国憲法と天皇・皇族の関係性がこの問題の背景にある。日本国憲法第24条には「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」すると書かれている。本人同士の意思があれば結婚できると憲法が定めているように、私たち国民には多くの基本的人権が認められている。ところが、天皇や皇族は「国民」とは見なされない。


「結婚延期」が宮内庁から発表された翌日、「日本経済新聞」の皇室担当である井上亮編集委員は、今回の事態を憂慮する解説を掲載した。小室圭さんの家族への「バッシングともいえる報道」が、「『皇族の結婚相手としてふさわしくない家柄』というレッテルを貼る空気を助長する」ことだとして、結婚には「これ(※憲法第24条)以外の要件は何もない」と強調した(「日本経済新聞」2018年2月7日)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 15

  • 匿名さん 通報

    小室圭は上流階級と思ってたけど、中流以下じゃん。とするとあの話し方、話す内容は演技か?胡散臭さを感じる。普通、皇室の女性とつき合おうと思うか?下心か闇があるんじゃない。

    43
  • 匿名 通報

    小室?半端もんじゃねえかよ、眞子様と結婚だぁ?おこがましいわ 借金まみれが!

    36
  • 匿名さん 通報

    T(仮)氏が何らかの理由で自死したら、K家の借金は消滅し、Mさまとの結婚が可能になる。要するに、T(仮)氏に受取人KKの死亡保険金1億円がかかっているのと同じだ。後妻業ここに極まれり。

    24
  • 匿名さん 通報

    お金持たずにその身一つで嫁いでもらえるのであれば祝福、応援できます。 もしくはその年齢相応の平均貯蓄額くらいの金額であればね

    19
  • 匿名さん 通報

    こういうもんはケチがついたらそれまでよっ!って両さんが言ってた

    10
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!