91

テレ朝女性記者による告発は、ジャーナリストとしてまっとうな行為だ

2018年4月23日 12時30分

 財務省・福田淳一事務次官のセクハラ疑惑が、ひどいことになっている。被害を訴え、『週刊新潮』に情報提供したとされる女性記者の名前や写真がネット上で暴露され、批判され、事実に基づかない誹謗中傷まで飛び交っているのだ。被害者が新たな被害にさらされているうえ、このような二次被害を恐れて、今後、セクハラ被害の申し立てを尻込みする人が増えるのではないかとも懸念される。


■最初の批判はテレ朝の会見の中だった

 最初に彼女の批判がなされたのは、こともあろうにテレビ朝日の記者会見の中でだった。同社は、「当社社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為であり、当社として遺憾に思っています」との見解を示し、女性社員も反省していると述べた。


 一方で同社は、録音は「自らの身を守るため」に行ったものとも言っている。第三者の目撃者もいない状況で行われるセクハラは、証拠がなければ、加害者が否認した場合には被害が認められず、うやむやにされてしまう。今回も、福田次官や麻生財務相は、音声データの一部が公表された後でも、女性の声を含めた全てが公表されていないとして、セクハラの事実を認めない。録音データなしに被害を訴えても、まったく相手にされなかったろう。


 今回の件は、女性記者が相談した上司が、自局では報道できないと1人で判断し、財務省への抗議もしていないなど、会社側の責任は重い。テレ朝は、音声データという証拠がありながら、適切に対応できず、彼女がそれを第三者(週刊新潮)に提供する状況を作った会社の非をもっぱら反省すべきであって、彼女の行為を批判できる立場ではない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 91

  • 匿名さん 通報

    一番の問題は、セクハラされたテレ朝女性記者の訴えを、当初完全無視したテレ朝幹部達だ。事が大きくなったら慌てて財務省に抗議。今更遅いよ。部下の信頼に応えられない上司はさっさと退職してもらいたい。

    161
  • 匿名さん 通報

    録音した音声を全てだせないのは、やましいところがあるからは明白である。ぐだぐた言わずにオリジナルの会話データを全て出せ。問題提起はその後である。

    129
  • 匿名さん 通報

    なんでオリジナルの録音データを出せないのかな?出すとよほど都合が悪いんでしょうね。あやしい~

    117
  • 匿名さん 通報

    渦中の記者を批判される方は自分の配偶者やお子さんがハラスメントを受けてもニヤニヤ笑って「長い物には巻かれろ」と諭すのでしょうか?テレ朝は社内の検証が必要。

    106
  • 匿名さん 通報

    はっきり「おっぱい触っていい?」「抱きしめていい?」「浮気しようね」とか言ってるやん(笑) 福田元次官の声で。 どういう場所でも、相手が誰でも、アウトでしょ。

    70
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!