13

「400万円超の“借金トラブル”」スクープ記者が見た眞子さま婚約者・小室圭さんの素顔

2018年4月26日 11時00分

「眞子さま嫁ぎ先の“義母”が抱える400万円超の“借金トラブル”」を「週刊女性」編集部が報じたのは2017年12月12日のこと。この一報から約2カ月後、宮内庁から眞子さまと小室圭さんの「お気持ち」が発表され、「結婚延期」が決まったのだった。2018年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」で大賞を受賞したこの記事の担当記者が、小室圭さんの素顔と、当時の取材秘話を明かす。




■この男性が本命で、結婚もあるかもしれない

「4時半から、宮内庁で緊急レクがあるぞ」


 今から約2カ月前の2018年2月6日。「週刊女性」編集部から私のところへ連絡が入りました。知らせを受けて、まず「破談か」と思いました。私のように「雑誌協会」へ所属する各雑誌編集部の記者は、宮内庁内で行われる「宮内記者会」に向けた会見やレクには出席できません。レクが終わって正確な情報が伝わるまで、関係者の間では「結婚は無期延期らしい」という噂が回って、その後に「2年延期」という話が聞こえてきたんです。この時、私は取材で外に出ていたので、一人で心臓がバクバクしましたね。


 そもそも「週刊女性」で、眞子さまと小室圭さんの東急東横線デートを報じたのは2016年10月のことで(「秋篠宮眞子さま 横浜デート後のラブラブ『車中』!」「週刊女性」2016年11月1日号)、当時私は皇室記事の取材をはじめてまだ数カ月のころ。右も左もわからない状態の新米皇室担当記者でした。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 13

  • 匿名さん 通報

    結婚は辞めといた方がいいよ。

    74
  • 匿名さん 通報

    皇族でなかったらただのアホな娘。ICUの自由な気風があだになった。

    43
  • 匿名 通報

    これが、小室親子の正体だ、破談あるのみ!

    36
  • 匿名さん 通報

    眞子様(?)本人が結婚する気なら覆らないと言う事実を小室圭は切り札として持っている。

    25
  • 匿名さん 通報

    もはや、破談しない方が、不自然でしょう。

    16
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!