1

改ざん、セクハラ……問題噴出の財務省次官人事はどうなる?

2018年5月17日 07時00分

 森友公文書改ざん、セクハラ疑惑に直撃された財務省。事務次官と国税庁長官のツートップ不在の異常事態が続くが、6月20日の国会閉幕までジッと待つ作戦だ。その狙いは、既定路線通りの人事を行うためだという……。


 20年前、大蔵省と名乗っていた時代の不祥事では小村武次官が在任わずか半年で更迭され、後任はダークホースだった田波耕治氏に。その後は主流派の主計局ではなく、主税畑の薄井信明氏が国税庁長官から次官に昇格した。薄井氏の後を武藤敏郎氏が継ぎ、“主計ありき”の本流に戻るまで2年半を要した。


 今回も、次官に星野次彦主税局長(昭和58年、旧大蔵省入省)との観測も出る。


「主計局の幹部は皆、何らかの形で森友疑惑に名前が出ている。彼らを次官に据えれば、世間の批判に耐えられない」(関係筋)


 第2次安倍内閣ができてから財務省人事は首相官邸の介入が強く、「既定路線」が覆ってきた経緯もある。


 ところが、今回は違うようだ。事情通は「安倍首相は昭恵夫人がかかわっているうえ、盟友の麻生太郎財務大臣が辞めたら自民党総裁選にも響くとわかっている。今回ばかりは財務省人事については心ここにあらず」と指摘する。


 そこで本命中の本命、岡本薫明主計局長(58年)の次官昇格が有力視される。主計局長→次官は大蔵省以来の王道コース。「岡本氏はとにかく徹底的に人目を避け、目立たないようにして次官への滑り込みを確実にするステルス戦略です」(経済部デスク)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「改ざん、セクハラ……問題噴出の財務省次官人事はどうなる?」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    今役所の次官級の連中のセクハラが問題になり、その次官級を対象にしたセクハラに関する講習会が行われたのがニュースになったが、次官級のクラスともあろう連中がそんな講習会を受けなくちゃならない事態こそ問題

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!