5

西城秀樹が遺したメッセージ「2度の脳梗塞には感謝している」

2018年5月17日 17時00分

歌手の西城秀樹さんが5月16日、急性心不全で亡くなりました。享年63。


西城さんは2度の脳梗塞を経験していました。48歳のときに倒れ、生活を改善して予防に努めたにもかかわらず、56歳で再発。2度とも言葉を発しにくい後遺症が出たため、「歌えないなら、死んだほうがましだ」と諦めかけた日もあったそうです。そんな中リハビリを続け、年間70回ものステージをこなしていた西城さんが残した手記を追悼とともに掲載します。


(出典:文藝春秋2016年12月号)


◆ ◆ ◆


■そのときまでぼくは、最高に健康な男だと過信していました

 最初に発作を起こしたのは、2003年6月。ディナーショーのために訪れていた韓国・済州島でのことです。猛烈にだるくて眠くて、翌朝目が覚めたら左の頬が右より下がっていました。ろれつも回りません。


 東京の慶應病院に勤める知り合いの医師に電話で相談したら、「脳梗塞の疑いがありますね」。仕事を終えて翌日、急いで帰国して病院へ行くと、そのまま入院。「ラクナ梗塞」という病名を告げられました。脳内の細い血管が動脈硬化などで狭くなって血液の流れが悪くなる、脳血栓症のひとつだそうです。


 そのときまでぼくは、最高に健康な男だと過信していました。若い頃からワインを毎晩2本、タバコを1日4箱という生活でしたが、46歳で結婚してから食生活に気を配るようになっていました。181センチ、68キロの体型を維持するため、ジムに通ってトレーニングも欠かしませんでした。

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    2度の脳梗塞を頑張って乗り越えたのに、とても残念。天国で、神様の前で存分なく歌声を披露することでしょう。

    16
  • 匿名さん 通報

    20年くらい酒とタバコに浸るような生活で健康体なわけがないんだよなぁ、運動習慣のおかげで普段はぴんぴんしてたんだろうけど、逆に限界まで自覚症状なかったのは皮肉、一病息災とはよく言ったものだと思う

    3
  • 匿名さん 通報

    酒と煙草は30歳までだって最近よく聞きますからね

    1
  • 匿名さん 通報

    自分を大事に出来るようになっていったんやな。 得れたものは大きい。ちゃんと勝てたやないの。

    0
  • 匿名さん 通報

    タバコ4箱は、ヒデキ短気

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!