7

米朝首脳会談、厳戒のセントーサ島に「週刊文春」記者が潜入!

2018年6月14日 07時00分

「その場を立つな! スマートフォンを仕舞え!!」


 6月10日午後3時40分、シンガポールのタングリン・ロード沿いの五つ星ホテルの1階ロビー。宿泊客がソファや入口付近のバースペースに佇む中、突然、現地警察の怒号が響いた。米朝会談の“場外乱闘戦”の幕開けだった。


■テレビ局スタッフが警察官に見つかり……

 12日にシンガポールで開催されたトランプ米大統領と金正恩・朝鮮労働党委員長の歴史的会談。


 冒頭の場面はその2日前、金正恩氏が滞在先のセントレジスホテルに到着した際の出来事だ。複数の護衛や武装した警察に囲まれた正恩氏は落ち着いた様子で客室へと消えていった。


「何とか正恩の姿を捉えようと、複数のマスコミが1泊10万円もする同ホテルの部屋を押さえ、ロビーで待ち構えていました。しかし、スマートフォンで隠し撮りをしようとしたテレビ局スタッフが警察官に見つかり、首根っこを掴まれていました」(その場にいた記者)


 記者もホテル前で取材していたが、周辺は厳しい交通規制が敷かれ、世界中から集まったマスコミと、スマホを構えた地元住民らでごった返していた。



■車を囲むように走る黒スーツ姿の護衛たち

 金正恩氏がリムジンでホテルに入る直前、現地警察官とともに、金日成・正日バッジを胸につけた護衛が群集の前に出張り、正面からカメラを向けると睨み返された。


 リムジンがホテル前でスピードを緩めると、車を囲むように約10名の黒スーツ姿の護衛たちが足並みを揃えて走り出した。

「米朝首脳会談、厳戒のセントーサ島に「週刊文春」記者が潜入!」のコメント一覧 7

  • 匿名さん 通報

    安倍総理様万歳!を子供達に刷り込んでいる、ヒトラーユーゲント育成学校の方を取材したらどうかね。緊急事態条項を憲法に入れれば証拠も令状もなしに市民を逮捕し放題、日本の北朝鮮化の完成。

    3
  • 匿名さん 通報

    日本のマスゴミらしくモリカケ取材していたら良いのに。

    2
  • 匿名さん 通報

    首根っこを掴まれてつまみ出される記者の哀れな姿を報じればいいのに。

    2
  • 匿名さん 通報

    【青山繁晴】神回!!モリカケ問題の海外要人の反応が面白過ぎる!!青山節炸裂しまくり!!【政治経済JAPAN】 https://www.youtube.com/watch?v=YJ5wBPmeAC0

    1
  • 匿名さん 通報

    一方《毎日のように詐欺師が逮捕される頭狂で》《詐欺師逮捕者最多の頭狂の》《他国の出来事で自らの不都合ひた隠す中国そのままごーかん最多頭狂穢土人民腸汚栓共和国では》《頭狂詐欺容疑》頭狂の男が逮捕者された

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!