42

「いつまでモリカケ」論 新聞読み比べで分かった“それでもモリカケする”理由

2018年6月15日 07時00分

 いつまでモリカケやってんだ? という言葉を最近よく聞く。新聞でのこの読み比べが面白かったのである。


■「いつまでモリカケ」言い出したのは?

 まず私の記憶だと「いつまでモリカケ」が最初に印象深かったのが4月2日に産経新聞に掲載されたコラムだ。



「【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】いつまで『森友』なのか 憲法改正や安全保障問題の矮小化は国民への背信だ」


 冒頭を引用してみよう。


国際情勢が激変する中で、日本の政治家、政党はいつまで森友問題なのか。財務省の文書改竄(かいざん)は確かに重要だが、国家としての日本の在り方を問う憲法改正や安全保障問題を政局絡みで矮小化することは国民への背信である。》


 櫻井よしこ氏は2か月前から「いつまでモリカケやってんだ」と主張していたことがわかる。


 このころ「蚊帳の外」という言葉もよく聞いた。日本だけ取り残された論である。櫻井氏はこの論に対しても、


《わが国の安倍晋三首相だけが取り残されたとの指摘があるが、皮相な見方であろう。北朝鮮が平和攻勢に転じたのは日本の攻めの姿勢ゆえだ。》


 と「蚊帳の外」も否定していた。


■読売新聞も「もう終わりにしよう」

 いつまでモリカケやってんだ系の究極社説はこれ。


「衆参予算委 繰り返しの論議に辟易する」(読売新聞 5月29日)


 このときの状況は、安倍首相と加計学園の加計孝太郎理事長との面会が2015年2月にあったという愛媛の新文書が出て話題のとき。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「いつまでモリカケ」論 新聞読み比べで分かった“それでもモリカケする”理由」のコメント一覧 42

  • 匿名さん 通報

    民主主義の前提に泥を塗られてそれがまかり通る状態で、怒りを覚えるのが民主主義国家を維持していくための国民の義務。この問題に「飽きる」輩は民主主義を享受する資格はない。北や中国にでも亡命すればいい。

    64
  • 匿名さん 通報

    福田元首相の見解が正しい。日本が国際政治の場で蚊帳の外に置かれるようになったのは、そういうことだ。これがどれだけ深刻な問題か、危機感を持ってしっかり読むべし。

    63
  • 匿名さん 通報

    06/15 08:34さんの意見は表現が少々過激だと思うものの概ねその通りに思う。飽きる飽きないではない。民主主義の根幹が揺らいでいるのだ。人も一人亡くなっている。

    60
  • 匿名さん 通報

    論理的な思考ができる人達は森友・加計問題での行政の不正を追及し、馬鹿は別の話題に進みたがる。馬鹿はいつでも安倍支持だからね。

    58
  • 匿名さん 通報

    反安倍はモリカケしか無いんだよな。役人の忖度と言うのは贈収賄罪ではない。いつまでもやるのは自由だが、みんな飽きてきている。

    55
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!