3

ヤノベケンジ氏の「サン・チャイルド」、福島市に展示し物議 「不快な思いさせた」と謝罪、防護服を着た子どもの巨大立像

2018年8月10日 15時56分

現代美術作家のヤノベケンジさんが作成し、8月3日に福島県福島市に設置された「サン・チャイルド」の像が物議を醸している。ヤノベさんは10日、自身のサイトで「一部の方々に不快な思いをさせてしまったことについて、大変申し訳なく思っている」と謝罪した。


サン・チャイルドは、かねてから放射線をテーマに作品を作ってきたヤノベさんが2011年、東日本大震災をきっかけに作成した、高さ約6.2メートルの作品。制作された3体のうち1体が、JR福島駅近くにある教育文化複合施設「こむこむ」前に設置された。


像は、黄色い防護服を着た子どもが、右手に希望の象徴である太陽、左手に頭から外したヘルメットを持って空を見上げている、というもの。胸のガイガーカウンターはゼロを示しており、作品全体で「未来の希望」を表しているという。


「傷跡の固定化」「科学的にありえない表示のものをアートだからと設置するのは反対」



像の除幕式にも参加した木幡浩市長は6日、ツイッター



「この作品には様々な受止め方があろうと思います。原子力災害を被ったFukushimaの県都として災害に向き合い風化させずに、希望を持って克服する~そこに復興があり、この作品はその象徴的なものと思います。ご理解をお願いします」


と投稿。これに対し、「どう見ても傷跡の固定化」「撤去してほしい」といったもののほか、



「こむこむは子どもたちの学びの場です。科学を学ぶ場でもあります。そこに科学的にありえない空間放射線量『000』の表示がついたものをアートだからと設置するのには反対します」


など反発の声が寄せられていた。


こうした声を受けヤノベさんは10日、自身のサイトに声明を掲載。ガイガーカウンターの数値は「自然放射線があるので、空間線量がゼロになることはありませんが、『原子力災害がない世界』という象徴的意味を込めた」ものであり、黄色い防護服は「巨大な問題に立ち向かう甲冑であり、宇宙服のような未来的イメージを込めた」と説明した。

「ヤノベケンジ氏の「サン・チャイルド」、福島市に展示し物議 「不快な思いさせた」と謝罪、防護服を着た子どもの巨大立像」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    放射線ネタではないが手塚治虫『アトムの最期』をおもいだした。

    0
  • 匿名さん 通報

    何で福島じゃなくFukushimaな訳?フクシマとか表現する人もいるけどそれ何?福島の歴史もこれからの福島も福島のものなのに何で外国表記するの?進歩主義だかコスモポリタニズムに被災が利用されてて不快

    0
  • 匿名さん 通報

    線量計の値がゼロになるということは地球上いかなる場所でも有り得ないのに、福島市ではゼロにしなければならないの?非科学的な話だし、いらぬ風評被害を広げるだけ。子供の潜在意識にも悪い影響を与えそう。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!