0

【最新版】商社・卸売業界の働きやすい会社ランキング 1位は住友商事「30歳で額面1000万円超え」「特に不満に思う点はありません」

2018年8月11日 10時00分

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は8月3日、「商社・卸売業界の働きやすい企業ランキング」を発表した。


本ランキングは、「キャリコネ」のユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の6項目の評価の平均点(総合評価)が高い医薬品業界に属する企業をまとめた。


■三菱商事「休日出勤もあるが、見合った給与・やりがいがあるので、特に嫌だと思わない」



1位:住友商事(3.96点)
~まもなく創業100周年。66の国と地域で129の事業所を展開~


1位は、総合商社の「住友商事」。「ワークライフマネジメント」に力を入れ、各種休暇制度やプレミアムフライデーの導入、カウンセリングセンターの設置等を行っている。また、2018年9月の東京本社移転に伴い、本社全社員を対象にテレワーク制度を導入予定。自宅や100か所以上のサテライトオフィスを勤務場所とし、毎週14時間30分相当テレワークが可能となる。



「(報酬に関して)商社としては普通かもしれないが、一般水準と比べるとかなり高く、30歳で額面1000万円を超えてしまう」
(管理関連職 30代前半 男性 年収1000万円)



「月の残業時間は、事務職は平均20時間未満だと思います。休日出勤は滅多になく、ライフワークバランスが非常に取りやすいと思います。夏休みは5日連続取得が推奨されており、月1回の有休取得等、有休取得率は高めだと思います。特に不満に思う点はありません」
(カウンターセールス 20代後半 女性 年収600万円)


2位:三菱商事(3.72点)
~収益・利益面で業界No.1の総合商社~


1954年に設立し、世界に200超の拠点を持つ「三菱商事」。2018年3月期には、商社として初めて純利益5000億円を超えた。人事部内に「女性活躍・ダイバーシティ室」を設立して仕事と家庭との両立支援に力を入れており、「プラチナくるみん認定」を受けている。有給休暇取得率は69%、月間平均残業時間は24.7時間(2017年度)。「仕事のやりがい」の項目では10社中1位。



「福利厚生は非常に恵まれていると感じております。寮や社宅も完備されており休みも皆さんがイメージするよりは恐らくとりやすいのかなと感じるときもあります」
(代理店営業 20代後半 男性 年収750万円)



「当然出社しなければならない休日もあるが、見合った給与ややりがいを得ているので、特に嫌だと思うことはない。残業も多いときはあるが、時期によっては少なく、ワークライフバランスも取ることは難しくない。有給もとろうと思えばとれるので、特に心配することはない」
(企画営業 20代後半 男性 年収1000万円)


■双日「基本的にフレキシブルで10時30分出社も可。働きやすいように整備されている」


同3位:豊田通商(3.63点)
~トヨタグループの総合商社。自動車関連に強みを持つ~


1936年に創業し、自動車産業を支えてきた「豊田通商」。

「【最新版】商社・卸売業界の働きやすい会社ランキング 1位は住友商事「30歳で額面1000万円超え」「特に不満に思う点はありません」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!