0

【最新版】繊維・アパレル業界の年収ランキング ユニクロは3位「1等級上がると年収100万円くらい上がる」

2018年9月14日 17時16分

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は9月7日、「繊維・アパレル業界の働きやすい企業ランキング」を発表した。


本ランキングは、「キャリコネ」のユーザーが投稿した情報をもとに、繊維・アパレル業界に属する平均年収が高い繊維・アパレルサービス業界に属する企業をまとめた。【参照元:キャリコネ】


旭化成「能力給は個人の実績が大きく反映され、この部分で頑張りが評価されている」



1位:旭化成(平均年収686万円)
~5年連続ベースアップ。2018年は月2400円の賃金改善~


マテリアル、住宅、ヘルスケア領域などで事業を展開している「旭化成」。2018年3月期では通期売上高2兆円を超え、全事業で好調だ。春季労使交渉(春闘)では、2018年も含め5年連続ベア実施。ユーザーからは、



「給与制度はシステム化され不公平感の少ないものとなっている。基本給と能力給に分かれており、能力給に関しては個人の実績が大きく反映され、この部分で頑張りが評価されていきます」(研究開発/40代後半男性/年収420万円)


といった声も。


2位:東レ(平均年収597万円)
~炭素繊維で世界シェア圧倒的No.1~


医薬、電子情報材料なども手がける素材メーカーで、繊維業界最大手の「東レ」。オランダ企業を同社の過去最高額で買収するなど積極的にM&Aを行い、大幅売上高アップを目指している。東レも2018年の春闘では1900円の賃上げ。学部卒程度の場合、初任給は22万300円(2017年4月実績)。



「仕事はキツイがそのぶん報酬はあるので、やりがいはあります。福利厚生も大企業でしっかりとしているため、不満はない」(代理店営業/30代前半男性/年収600万円)


という口コミもあり、充実した福利厚生制度も高い評価を得ているようだ。


3位:ファーストリテイリング(平均年収536万円)
~年2回+決算賞与で利益は社員に還元。実力主義の給与体系~


中核ブランドである「ユニクロ」のほか、「ジーユー」など複数の兄弟ブランドを展開しており、海外事業が好調な「ファーストリテイリング」。転勤のある社員の初任給は21万円。実力主義を謳っており、グローバル企業として高報酬を目指していくことを明言している。口コミでは、



「同業他社に比べると高いほうだと思います。1等級上がると年収100万円くらい上がります」(経理/30代後半男性/年収700万円)


といった声が寄せられた。

「【最新版】繊維・アパレル業界の年収ランキング ユニクロは3位「1等級上がると年収100万円くらい上がる」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!