11

北海道宿泊50万人キャンセル=総額100億円、観光業界に打撃

2018年9月14日 18時44分

 北海道地震の発生から1週間で、道内の旅館・ホテルの宿泊キャンセルが約50万人に達する見通しとなったことが14日、分かった。キャンセルの総額は100億円程度に上るとみられ、地震の影響が北海道全体の観光業に広がっている。

 北海道は近く、観光被害の全体像を取りまとめて公表する。官民が一体となって、正確な情報を発信し対策を講じる。

 日本旅館協会北海道支部連合会の浜野浩二会長が13日、北海道庁を訪れた自民党の岸田文雄政調会長と面会し、被害の推計を明らかにした。その際、浜野会長は「(地震自体は)局地的な被害だったが、これだけ観光被害を受けるのは想像だにしなかった」と話した。

 同席した北海道観光振興機構の堰八義博会長は「足元の状況も悪いが、観光シーズンの書き入れ時である秋や冬など先行きも低調で心配だ」と懸念を示した。 

「北海道宿泊50万人キャンセル=総額100億円、観光業界に打撃」のコメント一覧 11

  • 匿名さん 通報

    政府推進観光国家www。何もしねーな。

    6
  • 匿名さん 通報

    政府が出す復興資金がたったの5億円。

    3
  • 匿名さん 通報

    安倍は北海道復興(=地方再生)が、改憲より「最優先課題」で、地方再生や中小企業の救済が無いと「東京五輪」なんぞ無意味になると解らないのか? 経済が大切なんだよ!改憲などは緊急じゃない!

    3
  • 匿名さん 通報

    どんなに頑張っても、災害には勝てないだろう。逆にある程度落ち着いたら行ってくれ。

    2
  • 匿名さん 通報

    東京五輪3兆円でまだまだ増える様子。狂ってるとしか言いようがない安倍政権。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!