0

iPhone Xsよりも新型Apple Watchに注目すべし! 「健康をウォッチする」機能が進化し、転倒検知機能も

2018年9月15日 10時32分

AppleがiPhoneの新モデル「iPhone Xs」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3種類と、Apple Watchの新モデル「Apple Watch Series 4」を発表した。ただ、各iPhoneのホームボタンがなくなったことに、「時代と逆行してない?」「ホームボタンのあるiPhone8買うわ」といった意見や、「iPhone XS Max」512GBモデルが16万4800円もすることに「誰が買うんだよ」「スマホの価格じゃない」などネガティブな意見が噴出している。


新モデルのiPhoneはあまりウェルカムではなさそうだが、一方で同時に発表された「Apple Watch Series 4」はなかなか有能そうだ。9月14日に放送された『モーニングCROSS』(MX系)では、スマートニュース社の松浦シゲキさんが出演し、「注目はiPhoneではなくWatch」と同商品の利便性を語った。(文:石川祐介


■心電図を取得でき、不整脈の通知が受けれる機能も ただし……



製品ページには「すべてが新しく。健康のための新しい習慣です」と記載されており、松浦さんは



「健康をウォッチすることっていうのを押し出してるんです」


とセールスポイントを紹介。従来のApple Watchでも心拍数の測定など、健康面をサポートする機能は多く搭載されているが、今回さらなるアップデートが施されているようだ。


松浦さんはどの辺が優れたのかについて



「心電図の取得、不整脈の通知ができるようになった。あと、転倒して起き上がれなくなった時に、アラートが然るべきところに飛ぶ」


と話す。ただ、「残念なところがあって、米国のみっていうオチがついちゃってる」と心電図取得や不整脈通知は現在はアメリカでのみ利用できるサービスで、日本では制度上、まだ利用することはできないと語った。

「iPhone Xsよりも新型Apple Watchに注目すべし! 「健康をウォッチする」機能が進化し、転倒検知機能も」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!