5

「湿気がひどくてマグロにカビが生える」開場目前の豊洲市場に不安の声が高まる

2018年10月9日 07時00分

「本当に市場として機能するのか」、「死亡事故が起こりはしないか」、「魚の安全性は保てるのか」――。


 豊洲移転が目前に迫る今、改めて市場関係者の間で不安が高まっている。総工費6000億円以上をかけた「最新設備」を誇る豊洲市場が開場するのは10月11日。本来なら、希望に満ちた華やぎに満たされていてもいいはずだが、市場関係者の表情は一様に固い。


■地盤沈下によって引き起こされた巨大な「ひび割れ」

「ここにきて、移転推進派だった人たちまで、顔を曇らせていますよ」(仲卸業者・男性Aさん)


 一体、何がそこまで不安視されているのか。築地市場に赴き、人々の声を拾った。



「築地を離れることの寂しさ、というような情緒的な話ではないんです。いい話がまったく聞こえてこない」(同前)


 豊洲市場はこれまで土壌汚染問題が、度々、取り上げられてきたが、その汚染状況も改善されない中、ここへきて、建物そのものに対する問題が持ち上がっている。


 そのひとつが、深刻な地盤沈下だ。


 9月上旬、仲卸棟西側で、横幅約10メートル、段差約5センチという「ひび割れ」が発見された。地盤沈下によって引き起こされた巨大な「ひび割れ」である。


「豊洲の店舗にダンベ(魚や水産物を入れる業務用冷蔵庫)を入れたら、それだけで床が沈んでしまった、という話もあります」(仲卸業者・男性Bさん)


 豊洲は、もともと地盤が非常に緩い。その上に重厚長大な建物を作った。先日は、工事を請け負った業者から、「地中に打ち込む杭が十分に支持層(固い地盤)に届いていない」という内部告発もなされている(『週刊現代』2018年9月1日号)。

「「湿気がひどくてマグロにカビが生える」開場目前の豊洲市場に不安の声が高まる」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    開場して暫くは様々な問題が出てくるでしょうね。なんせ役人主導で造ったんだからトラブルが無い方がおかしい。

    62
  • 匿名さん 通報

    東京ガス時代を知っている者としては、あの跡地で鮮魚を扱うなんて本当に信じられない。食べた人達に害が及ばなければ良いが。それにしても「危険」に対する「警鐘」を「難癖」とはね。毒食べて死んでください。

    54
  • 匿名さん 通報

    汚染地下水の問題も上部をコンクリで覆って上に吹き出ないようにしただけで、こういう様な地沈でヒビが入れば汚染水が浮上してくる可能性も高くなる。都知事はいったい何見てOKだしたんだ?金か?見栄か?

    53
  • 匿名さん 通報

    築地を今のまま建て替え、+α加えて逆戻りしても、豊洲の今から起こる不備改修、衛生管理費より格安で出来るはず。そのくらい築地はシンプルに抜け良く設計されているので。

    47
  • 匿名さん 通報

    誰が主導して、誰の利益の為に作られたのか、そこから逆算すれば、だいたいの問題が見えてくるのでは。

    40
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!